Top
<   2006年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧
*
*
2006年 10月 31日 *
oops, rain is coming

ここんとこ、こんなチャリンコの写真ばっか載せてますな...おれ。2台あったデジタルカメラが壊れたのもあって、高校の時に意味もわからず、ただかっちょよいというだけで相当無理して手に入れていた Contaxブランド の初コンパクト?レンジファインダー式の日本製カメラ "T" を持ち歩いているおれですが、現像代にヒィヒィ言いだした矢先に、先日あるうれしい話を、とあるお爺さんに伺うことが出来たので一つ。

そのお爺さんは、肩から提げた純正バッグから総額にして300万円くらいのライカと交換レンズを取り出しおれに見せびらかせた後(50mmF1.0のレンズなんて初めて見たよ)そのカメラは大切にしなさい、あなたは日本人でしょ、日本製のカメラは大切にしなさい、私みたいなのはダメです、私は次のライカは買いません(Mは全部持っています、M4迄は2台ずつあったりもします、とかとも言ってた) M8 は百数十年続いてきたフィルム技術への冒涜です、あなたのそのカメラの設計に携わった人は私の古くからの友人で先日死にました、それは彼とその仲間が寝ないで作ったカメラで、Contax...というかカール・ツァイス財団がヤシカ(のちに京セラに吸収される)にそれを託したとき、写真仲間の皆とその事を喜んで朝まで飲み明かし、それと同時に戦慄を味わったことを昨日のように覚えています... 彼は恥ずかしいカメラは作れないと言ってました。解りますか? ドイツ人は我々に魂を委ねたのです... 魂のない物作りはダメです、魂込めすぎて働きすぎてた人達は皆死にましたけどね、ハハハハハ...

はぁそうですか...って感じで恐縮だったのだが、彼はとある一部上場企業で代表取締役、つまり社長を引退して、とあるコンサルタントをされていて知り会ったわけだが、290円のコーシーを飲みながらお話しするんじゃ勿体ないくらい、まぁ昔の人はすごい逸話の宝庫、そのお爺さんは趣味にかける意気込みがハンパじゃなくて、彼が学生の時に、昔ライカの交換レンズ買えなかったらっていって、ガラス玉を磨いて交換レンズ作ったって言うから... 私は化学(ばけがく)が得意じゃなかったんで、そっち行きませんでしたが...その時の仲間は化学が得意だったので日本光學で専門になっちゃいましたよ...そいつも死にましたけどね ってあんたそれ ニコン じゃん...

団塊はクソだが、70過ぎはおもろい人が多いよねぇ。この国は。
今度、その人と一緒に写真撮りに行くんだー。超楽しみ。
[PR]
by yohei_morita | 2006-10-31 21:16 | 思う人。 *
2006年 10月 27日 *
flickrmeet : Choshi, Chiba Prefecture.

ビミョーに忘れてたんだが、こんなんあります。"Flickrsが行く銚子"

身分不相応なカメラを買ってしまって魚さおしている人、アートっぽいことに憧れ続けて早ン10年経っちゃったけどどうもうだつが上がらないと感じている人(つか、それはオレだ)写真オタク、カメラ機オタク、もちろんオタクじゃなくとも。カメラは、写るんですでも、100万画素でも、誰かの遺品カメラでも、ン100万円かけた撮影システムでも。もちろんプロフェッショナルなアーティストやフォトグラファーも...一般人も、学生も。いまは flickrs でなくとも、後日 flickrs になって、写真をシェアしてくれれば参加可能ですんで、明日土曜日、朝9時半、銚子駅に集合。お暇なら一緒に写真撮りに行きませんか? 多少遠いが...遠いことにこそ意味がある。
[PR]
by yohei_morita | 2006-10-27 00:20 | とる人。 *
2006年 10月 25日 *
masa's 3rensho and my hugo-gan

関戸橋であったチャリンコ関連のフリーマーケットに行ってきた。半年前に hugo と行った奴だ。あんときもそうだったが、今回も新しく友達ができたりして、しかもそんなみんなで一緒にこぎに行っちゃったりして、人の後ろにくっついて完全アウェイの見知らぬ風景の中を行くのは超楽しく思い出深いものになった。(原チャリにアタックした Mike はもう大丈夫みたい、自転車も3万円で治るらしくて、よろこんでたよ) 今回の収穫は、キャンピーの妖しく艶めかしく光るシートピラーだけではなく、自転車を愛する新しい友人達と、多摩川っぺりの関戸橋〜羽田間の素敵ライディングコースだ。あそこぁホント色んなタイプの自転車が走ってておもろいね。荒川っぺりとムードが全然違ってて、年配のオサレなサイクリストらが目についたのも印象的。チャリンコ乗るにはいい季節っすね...
[PR]
2006年 10月 23日 *
akko, eisuke

Tokyo Bike Meetup 3rd の写真をいくつか追加しました。
ここからどうぞ。Flickr: Photos tagged with 061014tbmu
まとまった数、とはいっても36枚撮りのが2本。現像があがってきたから、雨んなか近所の古くからあるカメラ屋さんに赴きましたが、いまこうしてみるとフィルムって奴ぁやばい発色をしてくれますね... ハマっちまいそうで恐しいです。いままでは銀塩フィルムなんて資源の無駄で、完ぺきにデジタルで代用しておつりが来るぜ、オシャレにフィルムとかいっている奴ぁ贅沢な遊びができてイイもんだね、などと思ってたのですが、あっさりその考えを改めねばならぬような不思議な出来に自己大満足。しっかし撮れば撮るほど金のかかる(デジタルならば逆だ)贅沢な遊びであることには変わらんなぁ...と。
[PR]
by yohei_morita | 2006-10-23 20:51 | とる人。 *
2006年 10月 23日 *
hugo-ganwell™

苦節5ヶ月、TBMU第三回の前日に、やっとこできました。名付けて"hugo-ganwell"。なぜかと言えば、が京都から買ってきてくれたから。あのあとビルダーのドイさんが亡くなられたとの知らせを聞き、奴の目の前で、故人がこのおれのフレームの、元オーナーの現役競輪選手が壊したというシードバインダーあたりを溶接し直してくれた話、をしてくれたことを思い出すと、なかなか思い入れ深いものがある。

もともと、巨大なラメが下品に瞬くレモンイエローに、GANWELLロゴと、モサい(失礼)相撲書体のカッティング文字で選手のお名前がデカデカと貼ってあって、その上よりクリアの耐溶剤ペイントが施されていたわけだが、スウェーデンに住むゲームボーイ好きの若者はそれをクールだと言い張るのも片方で理解できるのだが、さすがのおれでもそんなのは絶対にイヤで。

シートバインダー部以外は殆ど新品同様だったが、そのケバいレモンイエローのフレームを我孫子の中山さんのところに持ち込み、完全に塗装を剥離、総メッキ加工を施した後、塗装及び細部のデザイン...及びすべての組上げ迄と、色は口述で指定、Nitto 123バー(アルミ)をフレーム同色に、メッキは見せる方向で、アクセントに赤を入れて...ってな具合のテキトーなオーダーに、彼は完ぺきに答えてくれました。ありがとう中山さん。

パーツ選びはわりと普通...かどうか。 リムハイトの高さとメッキッキな輝きに惚れて主に見た目から選んだ ArayaのGold はおれに初めてのチューブラー体験をもたらしたが、ナカヤマさんのところで一番安かった1000円位の練習用チューブラータイヤは極グリップするし微振動の吸収力は高いしよく転がるような気がするし、この週末80km位かな、ガンガン多摩川っぺりのダートも含めて走ったが、なぜイマドキの輪界ではクリンチャーを推し進めるのか謎...といった位、目からウロコ的に快適な乗り味。これからは全てチューブラーにしていこうと決意を新たにし...まだトータルで100km位しかのってないのでアレだが(笑)チューブラーのが安くて軽くて乗り味もいいし見た目もいいじゃん、といった感じ。タイヤ交換のしやすさは、明日にでも作業の習熟のためにも無駄にローテーションしてみようかと思う。両面テープ買ってこよっと。無駄にヘたなスキッドで杉目も減ったし。つかロードでパンクしたことがないや。クランクは近所の某店で掘り出しておいたOFMEGAの80'sロードもんのデッドストック新品(中山さん曰くCAMPYのコピー品)。ハブは今年の1月だったかに廃業しちまったと言われてるスズエ製新品を確保しておいた奴。シートピラーはNazにもらったMicheのアルミもん、イタリアでは現行でも売ってるはず、あっちのglunge的な安もん扱いか?

うわ、こうして書くと、解る人が見たら噴飯ものなんだろうな...(笑)
ま・いいんです。こちとらマヌケで軟派な自転車好きですから。
いつか、いつの日か、新品オーダーするときの習作だと思って手を入れていこうと。

完全にこの週末はピスト習熟運転だったのでアレだがノーブレーキは2倍疲れるね。普段使わない全身の筋肉が悲鳴を上げました。折角の新車(?こういう場合はどう言えばいいのだろうか)なのでもっとエロい写真を撮りたかったのだが、カメラを壊してしまっていて撮る気無し...あ、そうだ、フィルムで撮った写真ができあがっていたんだ...いまからとりにいってきまーす...フィルムはめんどくさいねぇ。
[PR]
2006年 10月 15日 *
the night

追記1:MOが撮ってくれた写真を追加。超クールな彼女は無印小径での参加!
追記2:おれの記憶を頼りにペドってみた。違うところ走っている人もいると思うが、最後らへんの記憶は怪しい。約20kmってところ。
追記3:ここで 061014tbmu と tag ってくれた写真をみることができます。アップ&撮影してくれた人ありがとう。いまんところ、俺が代理であげた MOさん のと kdma のだけなんだけどね...
追記4:みんな素晴らしい写真をどうもありがとう。flickr ユーザの方は是非「061014tbmu」 tag付けをよろしゅうです。


来ていただいたみんな、どうもありがとう。オーモリ君に数えてもらってたんだけど、50人で走るのは、なかなか壮観でおもろかったですね。ちなみに前回37人、1回目12人。

ちーと距離が長かったかな? ちーとばかし寒かったし(笑) 走行マナーはどうだったかな? あれだけの人数だと、普段1人とかで走る時よりも考えなきゃならんね。だけどまぁ、もうちょっと検証しないとアレだけど、皆さんのおかげもあってよかったです。次回は12月にやろうと考えています。色々考えているんで、おひとつ、是非。

んで、ちーとばかしの今回の言い訳と反省。
地図の件、もっていくって宣言したんだけど、持って行かなかったことについて。おれがあらかじめコース取りをした地図を作って5枚プリントして、実際に持っていこうと思ってたんだけど、野暮ったらしいかなぁとか考えて、もっていくのやめちまったのです。

しかしやっぱひつようだ、と思ったです。あらかじめコース取りをしていない、A3サイズ位にぺろっと大きい用紙にプリントした丁度良い塩梅の地図を、必ず次回は作って持って行きます。コース取りの話し合い時のネタになりそうで、いるわな。どこに向かって走っているの?という状況は、解消せねばなるまい。

そして、おれのカメラ。
一眼レフのほうは、以前より外っつらがぶっ壊れてて、キリもいいかなっつって旅行後に修理に出したのね。だもんでもう一台の愛機、ディマージュA1くんの電源を入れてみたら、液晶画面が(ノイズがグイグイ入る)ブラックアウト。アハ! ぶっ壊れちった! つーことで、久しぶりに引っ張り出してきたフィルムカメラだが、暗いとダメダメなおんぼろで。

つーことで、このエントリを飾る画像を誰かください。つーわけでありがとう、MO。
見事なフライヤーを作ってくれたのは yeti こと詳平。
エイスケ、ケンスケ、よっぴー?、ぺっこりん、kdma、それと、いろいろ勇気づけてくれた各氏、いつもありがとう。皆さんの協力無しでは、既にTBMUは成り立ちません。
それでは、第4回TBMUでお会いしましょう...
[PR]
2006年 10月 13日 *
TBMU061014

明日は、トーキョーバイクミートアップの第三回目。果たして?

コメント欄にも書いたが、
東京タワー→田町方面へいって→泉岳寺の激低ガードをくぐって→品川東口→天王洲アイルをかすめつつ→品川埠頭でレインボーブリッジをながめつつ→レインバーブリッジを下から眺め→芝浦ふ頭を右手に見つつ→汐留をかすり→ここらあたりからが微妙で...

A案→かちどき橋→トリトンの脇道→月島へ抜けて→佃の夜景を眺めつつ→東京駅もしくは皇居へ(距離長め)

B案→銀座のにぎやかそうなところを抜けて→皇居外苑もしくは北の丸公園のあたりの広場であそぶ(距離短め)

ってところでしょうか。のんびり走って安全第一で行きやしょう。
もっといいアイデアが有れば大歓迎。明日教えてくださいね。
[PR]
by yohei_morita | 2006-10-13 19:05 *
2006年 10月 12日 *
shimonoseki station

下関駅がせつなくて好きだ。前に一度、大分行きのブルートレインに乗って朝7時だったかに来たことがあってその魅力に気付いてはいたのだが、いかんせん"顔洗いおよび朝メシ停車"だったのでそれはホンの10数分の間だったかと思う。なのでもう一度来てやると心に決めていた。今回は、うんざりするぐらいの乗換えの待ち時間があったので満喫できた。プラットホームが好き、とかうっかり書けば、こいつはどうかしていると思われても仕方がないのだが、下関駅 - Wikipediaによれば、往時から「対九州・朝鮮半島連絡を担う拠点駅の位置づけをされ、関門連絡船・関釜連絡船の発着駅となる」となっていたらしい。濃い歴史が刻まれていたのね...どうりで...って少しだけ思った。


fukuten (fugu tempura) udon!

下関駅プラットホーム上での、おれがこの惑星で一番美味いと思ううどん、「ふく天うどん」。さぞかし明治・大正・昭和の時代には多くの旅人や華やかな列車でにぎわっていたであろう、現在は大いに持て余し気味の長大なプラットホームで、限りなく透明に近い、しかし確実にエッジの効いたスープをすするのは格別です。他所にふぐの天ぷらうどんがあるかどうかは問題ではない。店のおばちゃんとのおしゃべりもこの日の天気のように冴え渡ってパーフェクトでした。450円。
[PR]
by yohei_morita | 2006-10-12 11:29 | いく人。 *
2006年 10月 11日 *

旅行より帰ってきました。
毎度の事ながら、写真を吸い込んで、倒れた奴を起こしたところで力尽きました。
2800枚ほど撮ってきた写真は、見るだけでも大変です。
ゆっくりアップしてこうと思います... 天気が良くて最高でした。
写真は下灘駅での夕日。1週間くらい前の出来事のように感じるが、昨日だ。
[PR]
by yohei_morita | 2006-10-11 00:59 | いく人。 *
2006年 10月 07日 *
the cat's nite#4

旅行を計画している。明日からの予定だが、予定が濃すぎて脳味噌が爆発しそうだ。分刻みのスケジュールとかそういうことではなくて、うまく書くことができないが要は 楽しみ!過ぎなのだ。もしかしたら道中で燃え尽きてしまうかもしれない。道中で会う予定になっている人との、大切な情報を持っている人との、メールのしすぎ、及び google map の睨みすぎで、既に良い意味で疲れているのかも知れない。既に使い捨てコンタクトレンズがほろりと落ちるくらいの極度なドライアイだし、聞き慣れない地名を詰め込み、各種移動手段を確認し、食べたこと無いものに思いを馳せて、カメラの交換レンズは何を持っていこうかと胃が痛くなる思いだ、おかげでおとついくらいから色んなことが気になっちまって寝付きが悪い位だ、我ながらアホかと思う。

今回は、地方別になってる旅行情報誌...なんちゃらマップルとかなんちゃらるるぶとか、あれを持っていかないつもりだ。以前は、あれを買わねば/持っていかねば不安で仕方がなかったのだが、実は地図以外のパートは全く役に立たないことが多い、あれは余計な情報が多い気がする。なんちゃらオルゴール博物館なんて絶対に行かないわけだし、その替わりと言ってはなんだが、メモ帳と地図だけを持っていこうかと思う。さてどうなる事やら。
※写真は全く関係の無い、夜の集会に集まってた一ねこ。
[PR]
by yohei_morita | 2006-10-07 00:03 | いく人。 *