Top
<   2006年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧
*
*
2006年 08月 15日 *
he said

写真は、こないだのイベントの時 Eisuke に紹介してもらった Paul Lee くん。NYC 出身なのだが、 Laos, Viet Nam, Thailand とかなんとか、South Asia を去年からずーっと旅を続けてきて、最後に日本をチョイスして来てくれた男。来週にはンヶ月振りに NYC に帰るんだと。お盆でなのか奇跡的に人気のない東京の街を走っている途中で見かけた、故郷に帰りあぶれた(?)たくさん人らが野天でおやすみなさっていたコマ劇場の前です。

ま、彼を"くん"とか言って書くには微妙な年齢ではあるが(34だった)とっても取っつきやすい、彼はチャイニーズアメリカンで生まれも育ちもNYCなわけだが、人あたりが優しく、さすがに旅行も後期で話のネタも豊富でお喋りがおもろく、そしてチャリおたくというよりは...彼は...自分でも言っていたが、行く先々でパンをこねたりコックさんになったりしながら生計をたて、移ろいながら生活をしていく... それは見事に正真正銘の Traveler で、このあと NYC に帰った後少ししたら、今度は南極の観測隊にパンをこねてあげに行くんだと。5ヶ月間って言ってたかな。凄い。

ありゃ、このエントリ、途中まで書きかけで寝ちゃったみたいだね...彼は彼の flickr にもその足跡を印しているように相当な麺オタクなようで、その点でも激しく意気投合することができ(彼はおれの flickr を完璧にチェックしていた)東京でも既に複数の、まぁ基本中の基本といえるラーメン人気店はチェック済みで、それならば...と思いついた、新宿のへんてこラーメンビルディング - 神座に連れて行きましたが、あのしょっぱいスープを完璧に飲み干してた... あそこの社長なら NYC 店だって作ってくれるんじゃないの?とか思いましたが...ぬか喜びさせても悪いので黙ってましたけど。

彼には反対に、Tobacco- 自分で巻くタバコの美味さを教えて/プレゼントまでしてもらいました。いまそれをやりながらこれを書いていますが、日本の多湿気にあってんのかどうか超美味いです。ベースはマイルドセブンにとても良く似たそれは、とてもクリアで雑味が無く身体にもヘルシーこの上無さそうです。これの味を知ってしまったということは...20年近いおれの喫煙習慣に初めてといってもよさげなエポックメイキングな出来事かもしれません(巻くの面倒くさいけど)

そもそも、先だって彼にメールアドレスを伝えたあとの彼からの"自転車を欲しい"攻勢は見事で、如何におれはバイク人なのか、如何にそれを手に入れねばならないか、2MBにわたる写真が添付された長大で完全なプレゼンテーションをうけていたので、最初おれ的にはめんどくさかったわけだが折れて、結局彼はサイズにこだわり超狭幅セットアップを施した日本製中古競輪自転車を手に入れて、そんなこんなで超ご機嫌な彼のライドは、とてもスムースかつパワフル、そして大人の走り...そして満面の笑顔... アメリカを出てからしばらく fixie に乗ってなかったので疲れた...とかいって最後のコーヒー屋ではフアーっとしたご様子だったけど、走っている途中 interesting と連呼していたので良かったとします。うんうん、俺もそう思うよ... 自転車乗るのは楽しいよね...

http://www.gmap-pedometer.com/?r=366906
(pedometer って IE じゃ見れないんだってね...だっせーブラウザ
[PR]
2006年 08月 08日 *
undersea bike tunnel

扇島にいきたい、そう思ってちゃりちゃりこいできました、また川崎工業地帯へ。自分でもしつこいと思う。写真の自転車/歩行者専用海底トンネルを通って、まず"東扇島"へ渡ります。その存在を知ってから苦節半年位、憧れだったトンネルは、無駄無駄公共ブツ感と、異様に高い湿度と、一人じゃ恐ぇー不気味なエントランス付近のやばい雰囲気と、"自転車の方は降りて歩いてください"というアナウンスの無限ループ地獄...で、何度も通りたくない感じ。


the ironworks doesn't sleep

そこは、旧 NKK(現 JFEスチール)が埋め立てて作った日本最大の人工島で、言ってみれば完全な一会社所有の島なので立ち入れません。できればいま流行りの大人の社会科見学とかではなくて、カヤックとかで不法な感じで上陸できたら最高だろうな...などと無茶なことを、24時間眠らない無人の巨大製鉄所を眺めながら、ハワイ島とか屋久島とか宮島とか慶良間諸島とかイースター島とかアンソニー島とかビキニ環礁とか硫黄島とか軍艦島とかカールスクローナの軍港もいいが、しかしそういうところは行こうと思えば行ける、あ、硫黄島には無理か、しかし行こうと思い立っても行けない島が目の前にある、それって自転車こいで行ける川崎ってところが実はミソでナイス、とか思ってたりした。首都高速湾岸線、鶴見つばさ橋付近にある巨大な工場群のアレです。見学は見学で行きたいけど。


the moon on Ironworks

"扇島"の製鉄所を眺めるために"東扇島"の東扇島西公園にたどり着くことを目的に行ったわけだが、海沿いで広くて目の前が製鉄場。すばらしいロケーションの公園です。釣りのメッカっぽいが、それだけじゃもったいない感じ。カーボン三脚と、そいつをチャリにぶら下げるステーみてぇのが欲しい。Steelman を、もっとバキッとした夜景撮り用のチャリに改造してぇ。


with small tanker

ここは陸側にある、波止場っつー言葉がしっくりくるような場所。横浜港って入りづらくなっちったよーな気がするから貴重なスポットかも。Gメンとか戦隊が出てきそうな、そんな感じです。あとあれだ、ヴイヴイヴィ〜って音がしたよね、波止場って。あれって絶滅しちゃったのかな、聞こえないなぁなんて、どうでもいいことを思ったりもした。

なかなかおつなちゃりんこコース発見し自己満足。涼しくなったら昼間も行ってみたいなぁ。
[PR]
2006年 08月 08日 *
PICT2841.jpg

Eisuke と奥にトラっち、スタートしてすぐですね。
オレ、このあとカメラかまえながら、恵比寿まで併走したら日射病?熱中症?でフラフラ。


gunung (yamamoto san's) sexy boy

最高にかっちょいいぜ、とか思ってたら、flickrに置いたとたん、やはり異様に評判の良いヤマモトさんのsexy boy。いかすバイク観は世界共通ですな。


PICT2941.jpg

信じらんないくらい長時間のトラックスタンド。バランス対決つーか体力勝負だよこりゃ。


sega san

SEGAさん相変わらず最高です。おれも真似して次回はぴちぴちで行こうかな...嘘。


PICT2803.jpg

あり得ない感じのノーハンドで、ん10mのスキッド。 おててのしわを合わせて南無〜。
ありがとう、良いものをみせてもらいました。


ごめんなさい。今回のイベントの詳細ですが、コメント欄でおれに聞かないでくださいね。
Eに誘ってもらって...初参加だったし。
スーパー楽しくて50人くらいと握手してもらえたけど、全然名前覚えてないです...
興奮しすぎダメすぎです。次回はマイboyが間にあったらいいなぁ。
[PR]
2006年 08月 04日 *
after a summer festival

なんだか昨日からアクセス数が1.5倍くらいな感じで、でも何があったのかよくわからんです。今日は髪の毛をどっさり切ってきて、まるでアメリカ兵に殺される寸前のベトコンみたくなってしまったおれの髪型なわけだが、なんかそんなんで俄然色々やる気が出てきた気がした。八月だってのにシケた天気ばっかだったので色々滅入ってたが、髪の毛を切って気分を変える、ってのは充分に有り得る話だと強く思った。今日はスコーンとよく晴れてたので気持ちよかったしね。

写真は、どこかのまつりのあとの広場にて。ああ、夏が行ってしまう、やばい、なんかせねば、どっか行かねば、そんなときにあれだ、スチャダラのサマージャムが聞こえてきたような気がした。そんな気分にさせてくれる風景だったように思う。夏ですね。
[PR]
by yohei_morita | 2006-08-04 23:50 | とる人。 *
2006年 08月 04日 *
keys

唐突にキーボードを掃除したくなって分解、バラバラにしたキーを食器用洗剤で薄めたお湯に浸けてクルクル混ぜてること2-3分、あっと言う間に見違えるほどに超キレイ、こんな事ならもちっと早くやっときゃ良かった、っつーくらい Before が汚かったのは秘密。
[PR]
by yohei_morita | 2006-08-04 13:13 | 思う人。 *
2006年 08月 01日 *
I believe this is perfect.

大塚のホープ軒、ホント5-6年振りに喰ったけど、涙が出そうになるくらいに美味かった、それはそのものが持つ味というかラーメンの出来とかそういうことではなく、何故か23歳くらいのときにミゾくんに初めて連れていってもらって喰った時分の自分のことを思い出してしまったからだ。勘ぐってくれるな、他愛もない色々な事です。多分、そこがあまりにも変わらない風情だったからだと思うのだが、よく誤解されるのだが、おれはラーメン博士でもなんでもないし、ラーメンを喰っていちいち感動しているわけではない、こだわりをもってラーメンに接しているタイプの人間ではないし、他の食べ物と比べてラーメン率が特別高いというわけではない、と思う(自信無し)。だけど、こういう事は他ではあまりありません、そういう意味で、大塚のホープ軒は最高なんだな。
[PR]
by yohei_morita | 2006-08-01 21:41 | くう人。 *
2006年 08月 01日 *
overpass

今までは iPhoto 06 で写真の吸い込み・整理・調整・flickr へのアップロードまでをぜんぶ行っていた。それはそれで良かったのだが、それまでのデータは iPhotoで見ることにしておいて、これからのデータは全面的に Adobe Lightroom で吸い込むことにした。

なぜかと言うことを、さして意味もなく羅列するならば

・ホワイトバランスの調節が圧倒的に楽。つか、より色情報を救える、とでも言おうか。
 おれが撮ってきた写真は基本的に、WBが夢世界のようにまるで合ってない場合が多い。
 Lightroom でイジると、あーこんな情報が眠っていたのね、と感心することしきり。
・Lightroom は Beta3 になってマトモなソフトっぽく進化した(ような気がする)。
 Beta2を殆ど触ってないので何ともいえんのだが、特に以前と比べて、
 インターフェイス廻りに無駄が無くなった(ような気がする)。触った感じがとても自然。
・Beta 版だけに英語版だけど、画像の調整は簡単、すぐ慣れることができた。
 ある1枚に施した効果を、他の写真に適用するシステムが超秀逸で、らくちん。
・iPhoto と違って、水平出ししても、縦横比が変わらない点。
・iPhoto と違って、画像の彩度やカーブをいじっても、輝度が変わらない点。
・iPhoto と違って、実フォルダでファイルを管理できるのはありがたい。
・iPhoto と違って、起動-終了が早い。
・iPhoto と違って、なんかかっちょよい。これ重要。

4GB の CF カードを買ったので、RAW での撮影が現実的になったのがデカいかな... Lightroom は JPG も RAW ともに操作方法に差がない点も良いです。そもそも今風のカジュアルなデジカメオタクにむけたソリューションなのでいいにきまってますねー。誰かが flickr モジュールを作ってくれないかな... ま・これは時間の問題だと信じたい。

んでもって、いつも利用している Mac に接続されたメモリカードリーダに、写真を満載した CF を刺した際、自動的に iPhoto を起動しないようにするには...ハテ?と思ったら吉日、「デジカメ メモリ iPhoto 起動」と 4つの言葉で Google 検索したら一発で解った。さようなら iPhoto くん。

んで、発売されるとしたら、一体おいくらなんでしょーか。
[PR]
by yohei_morita | 2006-08-01 18:18 | とる人。 *