Top
<   2006年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧
*
*
2006年 06月 28日 *
1 pm Sunday July 2

えーと、もうちょっとちゃんと書くこととします。
集合は、7/2 日曜日。ここ、新宿都庁前の広場みたくなってるところ。 お昼の1時。

持ってくるもの: 自転車。カギ。

天気が心配なところですが、雨降りの場合は、"Cafe Lolita"で、のんびりおしゃべりってことにしましょう。 
つかどーしよ、誰も来なかったら...(泣)

参加を考えているお方は、かみさまに祈ってください。よろしくお願いします。
ついでにっちゃあれですが、もう一度メールいただけると助かります。
こぐ人@gmail.com迄。

皆さんと、皆さんのかっちょよいバイクに会えることを楽しみにしております!
[PR]
by yohei_morita | 2006-06-28 23:50 | 思う人。 *
2006年 06月 28日 *
industrial port the nite

木更津の南あたり。つげ先生の時代までは、どんなんだったんだろう...なんて。 さぞかし広大な干拓が広がって...湾を挟んだ側に富士山が見えちゃったりしたのではなかろうか... 暗闇からうじゃうじゃ湧出てくる、明らかに不法で、必要以上にビクビクし、釣りというには装備がハンパじゃない出で立ちのおっさん達曰く、ここは穴子釣りのメッカということです。つかそれ漁だろ...


my railroad crossing fetishism #2

このあとアクアラインで川崎サイドへ渡ってきました。東京の下町ブームに続く、扇島・子安ブームが来る日も近いと予想し一人でほくそ笑むおれですが、最近、かの地の主要な踏切は網羅しました。ガイドして欲しい人は、恥ずかしがらずにおっしゃってください。京浜工業地帯の悲哀を、いち早く感じることができるチャンスですよ!


bay shore line high way

川崎沖、東扇島の首都高速湾岸線。
おそらく一般道でだと"川崎港海底トンネル"を通らねばたどり着くことができない、いかにも人工の。東京から横浜に行くときの、神奈川線料金所で600円払ったあとトンネルを抜け出た先の、あの異様に直線な道路の、脇です。 巨大なユザワヤの看板があるあたり。

超ロング工場群のあるエリア(扇島/JFEのお膝元)は、一般人が合法的に(首都高速湾岸線以外で)上陸できるかは現在ふめいです... 引き続き探査していく所存です。
[PR]
by yohei_morita | 2006-06-28 10:33 | いく人。 *
2006年 06月 26日 *
wake..

雲行きもあれなんで、まぁドライブでもすっか... なんて、クルマに乗りだしてから気まぐれで決めたんだけど、なんとなーく車ごと東京湾フェリーに乗って南房総まで行ってきました。プチさつま白波の気分が味わえて30分間のフェリー初体験は最高!!!でした。

参照:wmv動画(注意・熱いBGM有)

けっきょく、けっこうハードコアな東京湾岸ドライブになってしまった訳だけれども。


a cape

なんつっていーかあれですが、千葉って濃い。生まれて初めて南房総に足を踏み入れたおれですが、海無県在住のボディには充分過ぎるくらい濃厚な"海"成分を注入することができました。 いままでは「あ、海見たい→湘南」という、哀しくもさもしい発想の埼玉っ子なおれだった訳ですが、意外と安いが強烈に"旅"感を注いでくれるフェリーにも乗れるし、すっとこどっこいな湘南っぽいオシャレ開発があまりされていない南房総は実に新鮮で、海沿いのドライブは非観光地的寄り道ポイントに富んでいて最高... つか要は単に鄙びまくっているっつーことなんですが... やっぱし千葉っつー事もあってつげ義春の諸作を思い出さないわけにはいかないわけで、そこらへんも完璧に満喫。


old lady and fish boat

けっこうアレだな... 次エントリに続きます。
[PR]
by yohei_morita | 2006-06-26 20:29 | いく人。 *
2006年 06月 22日 *
underpass and overpass#2

J16 and akir...スンマセンこんなんで勘弁してください、用事の帰りに、いい夜だな〜とか思って、遠回りしてきました。 それはそうと、国道298号の三郷→三郷南って無駄に金がかかってそうでかっこいいっすね。柱とかトンネルの深さとか、規模がいちいちでかい。巨大な吊り橋やダムのような、こんなんホントに必要なんかい、無駄金使いすぎなんちゃう、っていう感触がさりげなくあって、おれは大好きです。

れいのケミカルなプラントは、常磐道上の路肩に停めないと無理ですね..。絶対に捕まる。
工場の脇をグルッと廻ったんですが、今一で... っつか、いわれてみて、確かにあんな風景を撮りたくなったので、川崎とか木更津を改めて攻めてみることとします。
[PR]
by yohei_morita | 2006-06-22 10:26 | とる人。 *
2006年 06月 15日 *
highway#2

しけた天気になってきましたなぁ@さいたまcity

7/2(日)が思いやられますが、Tokyo Bike Meetup に関する、沢山の問い合わせ&参加希望メールをどうもありがとう。参加できないけど、ってメールも複数あって、こんなブログでも見てくれている人がいるんだなーと、アクセスカウンターを眺めているだけでは全くイメージできなかったのですが、とにかくこんなこと初めてなので、うれしいです。

ま、雨降ってもなんとかうまい具合にして、バイクを囲んでおしゃべりしたりしましょう。そして参加者は強制的に写真を撮られて Flickr に晒される運命にあることをどうか了承していただきたい。とてもいいアイデアだ、俺も参加したいけど飛行機チケット代がないので、お前の写真を楽しみにしている、などと複数から言われております。あまりキバらずさりげなくやりましょうね。

写真は三郷の高速道路。
一度、しっかりした三脚をもって、ゆっくり巡りたいのが「高速道路のジャンクション夜景」
やはり夜景は手持ちじゃ限界がありまくりでストレス溜まりまくり。
[PR]
by yohei_morita | 2006-06-15 15:14 | 思う人。 *
2006年 06月 13日 *
four flickrs

nodoca が誘ってくれたので、flickr の meetup で鶴見あたりをぶらついてきました。

flickr の中では知っているけど一度も会ったことが無い人、全く初対面の人、先週も会った人(笑)なんつー具合に様々ですが、この「最初に会った時」ってのが実におもろいもんですね。

集合後、挨拶もそぞろで、雨ん中を激写しまくりうろつきまくり、休憩中はお互いの flickr に対するスタンスなんかを聞かれもしないのに喋りまくり、うなずきまくり、ささ、また写真撮るかぁなんつってその繰り返し。だんだん時間が経つにつれ、その人らのことが異様に愛おしくなる... まるで変な既視感のまま終わりの時を迎えるような... ま、いささか特殊な状況ではありますが、友達が増えていくのは悪いもんじゃない。

みな大人ですし、それぞれが楽しみ方を知っている。人のをちょこっと盗み聞きして(笑)それの取り入れ方も知っている。そんな集まりだと気を遣わなくて楽しいもんです。またよろしく、nodoca よ。
[PR]
by yohei_morita | 2006-06-13 23:15 *
2006年 06月 13日 *
the flower, i don't know the name.

写真は全く関係ないです。たまたまよく撮れたんで。

NYCの人間とメル友になるなんて1年前のおれからすると信じられんことだ... つかあれ...あの米国行き以降、 帰国した hugo とともメールで熱く語れたりしているし、実を言うとここには書いていないプロジェクトがまだ2つあって、それらは主にアメリカ人とのものだが、容赦なくおれの睡眠時間を削ってくれている。

メールしてて驚くのが、彼らの辛抱強さだ。「遠慮はしない、しかし甘えはない。」とでもいえばいいだろうか。相手(つか、オレ)が正しく理解するまで、言い回しを変え続ける。コレでわかるだろ的な、こちらの事情を無視した、無意味に格好つけて短絡するような表現が少ないので、ヘタしたら日本語だけのメールよりも解りやすいのでは... と感じてしまうことがある。「遠慮しなくても良い、しかし甘えてはいけない」と、こちらも馬鹿は馬鹿なりに考え抜く結果、誤解が生ずる事が少ない...ま、彼らとのメールは日本語でのそれと比べ100倍時間をかけてはいるので(泣・かからざるを得ない)真面目にそれらを比べる意味など全くないのだが。

ま、甘えた表現→相手に依存した...例えば、いきなり what's up man / どうよ!? に始まって3行で終わるメールはあれから100通以上もらっていて、それはそれでありがたいことではあるのだが、そういう風に書いてくる人っつーのは、親しげな意味合いを表現してくれているんだ、とは、もちろん理解しているんだけど、そういった輩とは長続きできない。うまく言えないんだけど、結局、おもろくない、というか。礼節って大切ですね。それと、話、つか相手に伝えたいストーリーが無いと、コミュニケーションは成り立たない、当たり前だけど。とか思ったよ。おもろい事を出来ている相手は皆、メール的に礼儀がしっかりしていたです。慣れない英語なので、オレにはそのようなことが際だって響きます。

少なからずこう感じてしまうのは、今更おれがこの歳になってこうやって flickr を通じていろんな知り合いが増えまくって、ここ半年で生まれて初めて、しかもあまりにも急激に"英語"っつーもんに触れざるを得なくなって、どうかしちまっているから... だとは思います。果たしていつまで続くのか。あと、英会話のほうがおろそか過ぎて、ちょっとそれが心配です... バランスがね... 酷いもんですわ。

最近、こんなもんだからメールボックスには Adam が4人、Paul が3人いて、脳味噌が爆発しそうです... どこの何それって書いてくれ、とお願いしています... こういう風に困ってる人って、おれの他にもいないのかなぁ。
[PR]
by yohei_morita | 2006-06-13 12:09 | 思う人。 *
2006年 06月 13日 *
あまりの放置プレイもあれなんで、どぉしょうも無い話を。



can it be true?

Originally uploaded by fast boy.


いぜんのエントリよむ人、かく人、こぐ人。 : とある料理のプロジェクト:到着で書いた NYC の家具職人兼ダンスのインストラクター fast boy こと Ezra とは、すくなくとも36時間おきにはメールしあってて、しかもお互いかなりのオタクであるから(メールではあるが)話は尽きない。上の写真は、おれが彼に送った"生"フレーム、下地処理中の写真。ロードフレームだったのだが、よく見てみるとフレームエンドのディレイラーハンガーと、ダウンチューブのシフターマウントが完璧に跡形もなく除去されていた。見事というか、あいつら風に言えば相当 sick だ。

同時に、フレームの処理作業と同様に重要なパーツ選びに関する話し合いにおいては、あちらに任せっきりになるのではなく、さりとて単に組み付け代行をお願いする風になってしまうこともなく、理想的に事は運んだとおもう。こうなることは二人とも予想していなかったので二人して驚いているんだけどね... 彼の知識とセンスに脱帽というよりは、彼とおれの好みが驚くほどに似てて、しかもお互いを刺激することが出来た、そして奴が辛抱強くおれの酷い英語につきあってくれた、と言うことができるだろう。つか、やっと今日未明に全パーツを決定することが出来たんだけどね。ながい、ながい話し合いだった...まだできてもいないのに、今日メール読んで、泣きそうになっちまったよ...

彼が言うところの、この"the Angel Bike"は、ヴィンテージもんや、最新もんをも随所に組み込んだ、レトロFIXクルーザーになることだろう... しかも奴が作った世界でいちばん美しい木製フェンダーと、おまけにグラフィックデザインは、あの、我々がflickr内で、ロックスターのカリスマの如く敬愛する Flickr: Photos from faster panda kill kill の Megan が担当してくれることになって、そのこと自体が既に奇跡と噂され、しかも既にそれはできあがっていて、Velographic bicycle decals という自転車ステッカーを専門に扱う業者に発注済みとのこと... でもそれは完成するまでの間、ミルスペッククラスの最重要秘密で、ジョージ・Wであっても、見ることはできないんだとさ... どれがどんな風に仕上がってくるかは、結局全くと言っていい程、解らないんだけど(笑)楽しみじゃんかー。
[PR]
2006年 06月 09日 *
1 pm Sunday July 2  1pm sunday july 2

質問や参加希望なんかも、コメント欄に書いていただけると助かります。
みんなでどうしていけばいいか決めれたらうれしいです。
それでは、よろしくおねがいします。
[PR]
2006年 06月 05日 *
the plan

おれの写真を見た外国人から、国からチャリンコ持ってきたんだけど一緒に走って欲しい... なんつーパターンで、複数から言われたもんだから、ちょっと作ってFlickrにあげてみたテスト告知なんですが。反応次第で実際に、不特定多数の国籍無制限のママチャリ禁止でカギ持参、って感じでやろうと思っているんですがどうでしょうか?

あんま集まりすぎても一人じゃ対応できないもんね、いつ開催とか全然決めてないんだけど、たーだ、だらだら走ってうまいもん喰って、あ、んでも人数集まりすぎたらそいつは難しいなぁ、そもそも反応無かったら、恥ずかしいなぁとか。

知恵を貸してくれて、参加を希望してくれる人を募集します。
あ、片方でも良いです。もちろん。
よろしくおねがいします。
[PR]