Top
<   2006年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧
*
*
2006年 05月 31日 *
table view

誕生日っつってもそれほど特別な事はないんですが、先だっての日曜日に青梅市の御岳(みたけ)にある会席料理屋さんで、料理をおごってもらった。いつかここで書きたいナーと思ってた店なのだが、なんせ多分、まえにここを訪れたのはこのブログを始める前のことで。

山里会席旅館 河鹿園

ずいぶんとイタい感じのウェブサイトではあるが、実際の印象はまったく違う。

決して無用に豪華ではない、むしろ地元産の素材を使った素朴過ぎる位の味・建物の佇まい・仲居さんのサービス・窓からの眺望...それらのクォリティからは想像できないお値打ちプライス、そして重要なことだが忘れられがちな、それらの「押しつけがましくなさ」が素晴らしいです。

おれは専門家ではないし、普段このような場所で食事をすることはごく稀であるので、おれ如きがここでの体験はすべてにおいてパーフェクトだ、と断言したところで、なんの説得力を持たないのは当たり前田のクラッカー、再度訪れることを決めて、期待が過剰に膨れてたにも関わらず、今回の体験もとにかく素晴らしいの一言に尽きた。おいちい。

以前訪れたとき、食事後に偶然、ここのご主人とゆっくり話す機会があって「旅館もやってる会席料理屋...って中途半端ですかね? 雑誌とかに載せることはしたくないんですよ、紹介してくれる気持ちはとてもありがたいけれど、それをかく人のことを100%信用できるわけではないですから。あなた位の年齢の人にこそ来ていただきたい気持ちは山々なのですが、懐石じゃなくて会席なんですよ、人と会うときに来て欲しいんです。どうしたらうまくあなたのような世代の人に対してそれが伝わりますかね... 私達はここでがんばっていくしかないのですが...ま、来月にでも閉めちゃうかもしれませんよ、街から遠いのでお客さんが来ないので」

幸せなことにもう一度それを体験することができたわけなのだが、あのときから現在までに、雑誌なんかに載せるようになっているかどうかは知らん。そもそもそんなもん読まんし関係ない。個室だったので繁盛してんのかしてないんかもよくわからん。残念ながら今回は、ご主人に会うことは出来なかったが、おれ的には特別な店です。ちょっとスペシャルな時の選択肢に是非。
[PR]
by yohei_morita | 2006-05-31 12:11 | くう人。 *
2006年 05月 30日 *
the plant and ruins of the bridge

廃線スキスキー!
思えば 線路+橋 っつーシチュエーションで撮りまくってることに気付く。 
そんなぼくも今日で33さいになりました。
[PR]
by yohei_morita | 2006-05-30 09:17 | とる人。 *
2006年 05月 27日 *


let the monkey business begin

Originally uploaded by fast boy.


50時間くらい前におれが送った荷物(こぐ人。 : とある料理のプロジェクト)が NYC のエズラの所に着いた、と彼の写真をさっき見て知った。日本郵政公社やりおるな... 予想よりも早いし送料は安く済んだし問題は無さそう。彼の喜び方、それと写真のリンク先に書かれた、彼の"誓い"の文章にある種の軽いドン引き 決意が感じられてうれしいです。

どんな自転車になって帰ってくるか...想像もつきません...が、超楽しみです。
Nazこぐ人。 : 変態同士はすぐに友達になれていいですね。)が言ってたことで、おれも全面的にそう思ったことがある。当たり前の話で恐縮だが、重要なのはお仕着せのブランドではなく、ストーリーだ。

自転車のパーツ選びは楽しい。
しかしそう言えば、なんだかんだいってそれが苦手だった。富士見パノラマに10回以上/シーズン行っていたときは、月刊誌やカタログ本を読み漁り、ネットで情報を探しまくり、全くの他人のプロ自転車乗りが書いた製品レビューを読んで一喜一憂してきた。いつまで経っても満足しないで、他人から見てこのパーツの組み合わせはイケてないんじゃないか、このパーツのせいで効率が悪いんじゃないか、不安でしかたがなかった。
ま・ある意味それは今でも同じだけどね...

まぁそのストーリーが無事に完結できるのを信じることとします。
[PR]
by yohei_morita | 2006-05-27 01:28 | 思う人。 *
2006年 05月 25日 *
Nikon と Flickr がキャンペーンを始めました。

  Nikon Stunning Gallery

Nikon ならばこんなにカッチョよく撮れますと、まぁそういうわけだ。
Tagに"nikonstunninggallerly"と付けると、こんなアイコンまで貼っつけてくれるみたい...
a0032361_11122618.jpg

アイコンには Nikon へのリンクが。
非常にうざいし目障りだ。

おれ的に言わせてもらえば米Yahoo に買収された弊害が出始めている気がします。もちろんいい面だってあるんだとは思う。安定経営とかそういう方面で。しかし、もっとおれ的に言わせてもらえば、こんなことを主導したとしか思えないYahoo ブランドをやっぱり敵視せざるを得ませんね。

ビッグネーム同士のコラボとかタッグとか、そんな陳腐な+αはスマートとは言えないし、正直言って既に Flickr のヘビーユーザであるおれにはにどうでもいいこと。

カメラの値段や性能が高い安いにかかわらず、うまい人でもヘタな人でも、だれだっておもろいもんを撮れるんだ、と教えてくれたのは Flickr のはず。彼らに(少なくとも)カメラ本体メーカーなんかへコミットしてもらいたくなかったです...。

変な風に商業主義に染まっていってもらいたくない=魂を売るな、と言いたい気分ですなぁ。
[PR]
by yohei_morita | 2006-05-25 11:21 | 思う人。 *
2006年 05月 24日 *
PICT5623.JPG

今更ですが、今年も眺めてきた三社祭です。チャリンコでたどり着いたのが日曜昼過ぎだったのでちょっと刺激不足、宮出しや宮入りを外しちゃったからね。んでもやっぱいいなぁフェスティバルって、眺めているだけでスカッとなにかが抜けていくような、そんな気がするもんだからやめられんです。江戸三大祭りん中でも、三社祭はおれらみたいな田舎モンに優しい気がします。
そーいや、この日は晴れてて気持ちよかったんだけど、ざぁざぁ降りの雨とかだったらどうするんだろう、とか思った。中止/順延? それとも決行?
[PR]
by yohei_morita | 2006-05-24 09:50 | いく人。 *
2006年 05月 23日 *
PICT5788.JPG

旅客飛行機を眺めていると、あ〜いーなー、ストックホルムにあるという「魔女の宅急便」の街のモデルになったっつーガラムスタン(旧市街)にいきてーなーとか、ローマやナポリなんかの自転車工房を訪ねて歩きてーなーとか、さっき NYC に送りつけた自転車が完成したら直接取りに行くのもえーなーとか、実を言うとクロアチアのアドリア海沿岸とかだったらそんなに物価とかも高くないのでいいのでわ?とか、リオデジャネイロのカーニバルには早く行かねばなぁとか、ここは国内便が主な羽田空港だと解ってはいるのですが、そう考えずにいられないのは flickr のしすぎでどーにかしてるんでしょうか。


PICT5939.JPG

いやしかし、それに対しっていったら変ですが、線路が続くのを見ていると国内のイメージが沸きたちますね...線路は続くよどこまでも...なんつってよろしく、ブルートレインに乗ってどこまでも! ケツが痛くなっても、十数時間かかっても、余計なコストがかかっても、例えばの話、飛行機で九州やみちのく路になんて行きたくない、やっぱ鉄道でしょ...とかそんなことを考えずにはいられないのは、やっぱりどーにかしているんでしょうか。折角日本語を喋ることが出来るんだから、過程を楽しみたいですな。写真は、大井南のJR貨物基地です。新幹線はたくさん停まってますが他の旅客列車はゼロ。
[PR]
by yohei_morita | 2006-05-23 00:52 | 思う人。 *
2006年 05月 19日 *
a0032361_14354461.jpg

久しぶりにスクリーンショットを貼っつけたな...
5月1日からだったっけかな、アメリカ、日本に引き続き、EU圏あたりの地図情報が加えられて夢一杯度数が格段に上がった GoogleMaps を使った超便利なサービスのお話。

Naz に教えてもらってたけど、あんときゃは日本だと使えなかった Gmaps Pedometer が使えるようになっててイヤーッホイ!!!こりゃ他所のweb地図はいらんわな...   って気付いていなかったのおれだけ?

んで、この Gmaps Pedometer って奴で何が出来るのかっつーと GoogleMaps にルートを書き込んじゃうことができるわけね。そうすっと正確(そう)な距離が算出されるってわけ。
自分ちから駅までの距離を計ってみたり、今日どんくらいチャリこいだかなぁってのが簡単にわかるわけ。ルートを覚えてないとダメだけど。

一応、以下にやり方をに示しておく。チョー簡単なんで是非。

・ 我々にはメートル法のが解りやすいんで[metric]を押しておく。
・ 出発地点あたりの地図を探しておく。
・ [Start recording]をクリック。んで出発地点をダブルクリック
・ カーブする地点や曲がり角でダブルクリック
・ ゴールに着いたら[Complete]を押す
・ [Save route]を押して、URLコピペすると、人にルートと距離を教えることができる
・ [Elevation]で高低差も解っちゃう。

さっき Paul が今日の朝ここ走ってきたぜー!ってメールで教えてくれたのね。彼の家を特定できちゃうので、それをここに紹介できないのはざんねんだが、そいつで思い出したわけ。そんなときに使うのが正しいかんじ。オ〜ラ地図!
[PR]
2006年 05月 18日 *
good bye

今日、朝早くの飛行機で hugo は Stockholmに帰った。別れのときにおれはうっかり涙がこぼれそうになってしまった。泣き方が解らない人間には非常につらい時間だった。いろんな人に言われて気付いてはいたが、Flickr で声をかけてきた見ず知らずの人間(実際に会うまでは顔も年齢も知らなかった)に、何故おれがこれほどまで思い入れをもって接してしまっていたのか、その理由は沢山あるにはある。彼の長そうで短かった2ヶ月間の日本滞在期間中に、おれは彼をまるで弟のように感じてしまっていたのは紛れもない事実だ。後半は毎日彼の心配ばかりしていたような気がする。出来る限り毎日メールしたりして、むしろウザがられたかも知れない。そんなだったから、今日はなんだか一日気が抜けてしまっていた。こんな風になってしまうなんて自分自身に対して超意外過ぎで驚く。

海外に旅しても、もちろん楽しいことばかりではない。
言葉が通じないいらだち。友達がいない淋しさ。思うようにならない食事。やっぱりできちゃうでけぇ口内炎。交通機関ですら乗りこなすのが難しかったり、街中でそれまでは体験したことの無いようなある種のきつい臭いを嗅いだりすると、あの湧き出してくる焦りみたいな感じ。こんなところで何やってんだろうおれは...なんて。こないだのおれのアメリカ行きでは、少なくとも前半は Naz がいたし、後半は皆が Flickr を通して声をかけてくれていたのが楽しかったしありがたかった。

hugo から「東京に出発するよ」ってメールをもらった当時、お互いにメールはしていたが当然見ず知らずの外国人なわけなので「ふーん、そう。」とか思ってはいたが、再度1週間過ぎたくらいで「渋谷と原宿を歩いて疲れたけどおもしろかった。店が一杯で驚いたよ。そういえば競輪バイクを見たよ。もしおれも手に入れることが可能なのであれば、それがどこに売っているのか教えて欲しい」とメールをもらった。同時にそこで初めて彼が20歳であることを知った。我孫子のことをメールで説明するのは難しい。彼の Flickr をチェックしてみると、どうやらホントに来ているのがわかった。この写真をみて最終的におれは折れたのだった。琴線をじゃかじゃかかき鳴らされてしまったわけだ。(Some kind of soup)こいつは生まれて初めて豚骨ラーメンなるものを初めて食べたのだ。しかも思ったよりうまかったと書いてある。スペル間違ってるけど。
一度彼と会ってみるべきだと思った。

まぁそれからのことはここでもいくつか触れたし、最近のおれのFlickrを見てもらえば解ると思う。しかし写真には伝えられない事って実は沢山あって、実は彼はスゲェおしゃべり、っつーか、それを自分でも認めているのだが、オタクではあるんだけどシンプルを尊ぶ、難解さよりもポップさを重視する、といったらいいだろうか。同時に、彼はオタクであるが故に持つ無駄に膨大な知識をひけらかすこともなく、しかもオタクであることを恥じている側面を持ち合わす。クールだと感じる対象への姿勢が、おれと重なることが多々あった。まだ20歳だというのに。12コ下の Sweden 人と、なんでいつもこんなに話ができるのか不思議でしょうがなかった。お互い、幸いにして共通のネタはいくらでもあったのでおしゃべりしているといくらでも時間が過ぎていった。こうして今考えてみると、おれにとっては不思議な時間だった。

写真、つーか Flickr やってて良かったよ、と思ったね。昨日のド深夜、Flickr が"β"から"γ"に変わった瞬間も、彼と一緒の画面見ながらだったしなー。

もうとりとめも無さ過ぎるのでこの辺にしとこうと思うのだが、彼は自転車・ゲームボーイと共に、音楽をこよなく愛するのだが、彼が作成/MIX した曲を聴きながらこれを書いている。非常に耳に優しいインストゥルメンタルと少しのボーカルもん、電子音とアコースティックもんが組み合わさって、さすが Sweden 人やねーと感心せざるを得ない、スゲーいいです。早く新作送ってくんないかな... そんな楽しみが増えました。

追記:スウェーデン政府公式サイト、スウェーデン及びスウェーデン人 - SWEDEN.SE がおもしろいです。奴らが普段何喰ってんのか、とか知らんでしょ。是非。日本政府に、こういう素敵なサイトがあるのかね?
[PR]
by yohei_morita | 2006-05-18 00:40 | 思う人。 *
2006年 05月 16日 *
celebration!

弟の結婚パーティで思ったこと、とか思わせぶりなタイトルですが、特にたいしたことはないです。パーティはパーティですし、式は式でまた後日にあって、調印式みたいな日も別にありましたので正直もう、うんざ... うそ、来てくれたおれの友達に、ありがとう、とただそれだけをもう一度言っておきたいです。ほんとうにありがとう。

なんかの記念になるような写真を撮りたかったのですが、会場が暗いのなんの。たぶんプロのカメラマンって、ものスゲー大変なんじゃないかなぁなんて、そんなことばっかずーっと考えたりした位のひどい出来の写真しか撮れなくて、しかしその日の帰り道での東京タワーのマブい輝きを収めておけたので、無力な兄としてはこれを記念としてもらいたいとおもうわけであります。
おめでとう、チカちゃん&サブロー。
[PR]
by yohei_morita | 2006-05-16 13:45 | 思う人。 *
2006年 05月 12日 *

上の cricketpress っていうやつが仕事でこんなん作ったよーって教えてくれたんだけど Chicago の自転車活動家グループ(?)がそいつらの広報誌に Naz がおれのことを撮った写真をイメージに使ってくれたらしい。なんかちょっとうれしいな〜と。
[PR]