Top
<   2006年 02月 ( 19 )   > この月の画像一覧
*
*
2006年 02月 26日 *
nakayama's shop view

関係各位。
というわけで、Chicago - San Jose - San Francisco - Orange County(LX)っつー予定で行って参ります(予定は未定)。Chicago - San Jose と LX - 成田(3/9着)チケットだけは、一応取ってあります。

写真は、我孫子の中山さんの店で。中山さんありがとうございました。
スゲェお土産が手に入って一人、悦に入ってます...
世界中で20人くらいしか、スゲェと言ってくれなそうなブツです。
そのメンバーに確実に入っている奴、の所に泊まりに行くのでそれでいいのです。

かの地で更新することができれば...しようかと思いますが、どうでしょう。
アメリカ版ウィンドーズXPって、日本語サイトを読むことができるのでしょうか。
日本語を、仮に「読む」ことができても、「書き」は...?
ウィンドーズはアメリカより謎です。つーかOS Xマシンを捜そう。
ミノルタレンズ地獄中のおれには高値のApple製note... いつかは買わなきゃなぁ。
そんなことよりパッキングが全然まだです。やばい。

出発ギリ迄になんか更新するかもしれません。
[PR]
by yohei_morita | 2006-02-26 22:17 | 思う人。 *
2006年 02月 23日 *
sad sad bikes

複数の誰かが、かいつまんで書いてくれることで世相がわかることが多いんですが、E-WAサン の所を読んでいて、他でチラホラと読み聞きはしてたもののぴんと来ず、事のヤバ性を「炎上」にてやっと理解できたような... 以下のようなヘナチョコな案件におどろきを隠すことができんもりたです。

E-WA’S BLOG
経産省・谷みどり氏の blog が激しく炎上中(つーか既にトップ閉鎖)の巻


E-WA兄さん!いつもありがとう!とかそんな気分ですが、いいでしょうか。
知ったかぶって、もりたがもっとかいつまんでみると...

経産省の認可した印、「PSEマーク」がない電化製品は、この国ではこの4月から販売ができなくなるんですと。(新品であろうと中古であろうと) 販売できなくなる = 価値がなくなる、って事になるから、当然、在庫を抱えているであろうリサイクル業界の方・周辺の方は騒然となっているらしい。

それに併せて、売れない商品→ゴミ化問題 / 近年芽生えたリサイクル文化への逆行法案? / 新たな天下りシステムでは? 等々、問題が噴出しているそうで。

アメリカではガソリン垂れ流しの5000ccオーバーのクルマに乗っているらしい、と噂されるロハス野郎も出てきたりしていますし、知らんかったことが多くて恥ずかしいこってす...

電気用品安全法@2chまとめ - トップページ
によれば

電気用品安全法という法律が2001年にできて既に施行済みだった。

PSE基準以前の商品(中古、2000年以前に作られた新古品)も
範囲内と「政令」で2005年11月より拡大解釈

5年経過したので、こいつが今年の4月から猶予切れとなる

TV冷蔵庫等の家電だけでなく、中古の電気用品も対象になってる。

昔のゲーム機やギターアンプとかオーディオも規制対象に!?
何とかしないとヤバイ!

てか、新古中古の機械が売買修理が禁止となると
中小企業や零細企業、農家、商店は連続倒産!?
連続倒産した企業や農家がお金を借りてた銀行もやばくね?

電気用品安全法(PSE)そのものが姉歯事件と同じ糞法じゃね?
「電化製品の安全基準が国から民へと変わりましたよ。
民間で検査して国に金払ってPSEマークをつけてくださいね。
安全かどうかを決めるのは経済産業省の出向機関の有料認定か
海外電化製品輸入業者か製造業者の自己申告でいいですよ。
そのかわり、事故が起きた時には国は責任取りませんからね。」
↑今まさにココ

※以下、関連スレから適当に引っ張ってきたりしてます。
無断転載スマソ。


例によってわかりやすいフラッシュも。

無断転載スマソアゲイン ってかんじですが、とにかくそういうことになっているみたい。
電気系の中古もんに携わることは、意外と少ないもりただが、
マークが付いてりゃ安全・安心って... おいおい、一時騒ぎに騒いで一段落した(?)マンション話っぽさが漂うぜ。それにむかしの奴のほうががイイもんって往々にしてあるじゃん。こりゃあヘタしたらってか確実に、むかしのコンピータ仕入れらん無くなるぜ、ミゾ君。

しかも、あたらしく経産省のお方達が、自らの天下り先をお作りになられて、そこの人に「中古がダメなら新品を買えばいいじゃない 」って言われても... ヤなもんはヤな場合だってあるわなー。

これで2日間くらいなぞだった「電気用品安全法のPSEマーク-Engadget Japanese」
の意味がわかったってもんです。スポンサーが無くたってEJがんばれ。

写真はたまたまです。あんまカンケーありません。
あまりに哀しい風景だったもので。
[PR]
2006年 02月 22日 *
gamblin people

誤解されるとイヤだから最初に書いておくが、逮捕される寸前のシーンで、その夢は終わった、何故かわからんが設定的に2回目、自宅しかも自分の部屋まで逃げてきて、既にお巡りは説得モードだ、何を説得などするのか、こちらは説得されることなど無いつもりだし大体なまってて小声でなに言っているか殆どわからん、何故いつもお巡りはズーズー弁なのか、しかし彼らは無情に冷静にどこまでも辛抱強く仕事をこなす。
昔むかしも大昔、高校ん時の彼女との逃亡劇だった、一緒にバイクに乗って逃げた、板橋の環七と17号の交差点の信号を無視して逃げた、罪状はけっこう沢山の人を殺し...とかそういう感じじゃなく血とかグロなそういう記憶も無し、ただなんでかしらんがマシンガン、っつーか軽く対戦車向けっぽい(http://www.planetwolfenstein.com/russianfront/images/vz37.jpg)代物を持っていた、しかも2丁。1丁は彼女が使っていたものだ、ってかマシンガンは妙に軽くて使いやすくてそれらは彼女が持ってきたものかも、ってか色々そそのかしてきたのは彼女でむしろカバーしてきたのはおれの方だった、そいつとはそんな感じがむかしから楽しかった印象が変わらなかったのでうれしかったような気もする、弟(サブロウだ)に、おれがアメリカ行ってから会う人に対し、詫びのメールを送ってもらうように頼む、あれほど楽しみにしていた彼らと会えなくなってしまった...弟は何故かうんうんわかった、とかいって聞き分けがよい。しかし彼はモニタを見つめながら最後に言った、自転車のフレーム1本頂戴。
お巡りに、最後にメールソフトを確認させて、ってホリえもんは小菅でメールチェックできてないらしいって聞いていたので実際にmail.appを起動・確認してみると、シカゴでのステイ先のNから、"You are too kind Yohei, very very kind. I am very excited to meet you. It will be a pleasure for you to stay at my place."みたいなメールが入っている、何故あいつがvery very kindとか言っているかというと、メールと写真でここまでしてくれてイイ奴が沢山いるなぁアメリカ人は、ここは日本を代表してとかそういう訳じゃないが、ここ3日くらい死ぬ気で、奴と奴の彼女それと奴の飼い猫2匹への土産を考えていたから、なような気がした、ああ折角いいアイデアだと思ったのに、これで渡せなくなっちゃったな...この○○産のカツを節どうしよう...彼女に買った和菓子と日本製の色鉛筆をどうしよう... 彼らへのお土産のbikes達は大切に錆びないようにおれの部屋に置いといて...何故今日こんな事になってしまったか...とにかく運命を呪うよほんとに...まぁしゃあないか...

ガバッと起きて、さっきメールを確認してみると
Nからの来たメールの内容が夢でのそれと、殆ど同じだった...

って全部、夢だから...これでもディティールはかなり省いた。
くれぐれもヘンな誤解の無きよう。実際は逮捕されたことはありませんってば!

燃油サーチャージってなんなんだよ。っつたく...体のいい値上げしやがって...
[PR]
by yohei_morita | 2006-02-22 04:36 | 思う人。 *
2006年 02月 21日 *
こないだのとある週、実はおれウナギ週間でして、ホントたまたまなんだけど
なんとなく、神をも畏れぬ行為をしでかしてしまった気がして、筆が重かった。
(変な比喩だな...)
自分の金なんでべつにどーでもいい話だが、ブログのネタ的にはおいしい割に
単に書くのを忘れてた...とも言える。

flickrで、あるアメリカ人に
「ウナギクレイジーな漢(dude:おとこ)よ。事、ウナギに関してはお前を信ずる」
とか指摘され、うっかり思い出したので書いておくことにする。
それほどのことは絶対にない、とは思うのだが。

unajyu: middle class

↑10回目くらいの南千住「尾花」で、初めて"竹"を。

oh! this is my first time Hitsuma-bushi!

↑名古屋で"ひつまぶし"を「蓬莱軒 本店」で喰った。


どっちの味がどーとかで☆何点でとか、そういうヤボな話じゃなくてさ。

初めての"蓬莱軒"は、日曜日ともあって混みすぎて辟易としたが、席につけば最高で
"ひつまぶし"は32年のクソ人生で生まれて初めての未体験ゾーンを楽しみまくったし

"尾花"のウナギは、近所の下町老人が"最後の晩餐は尾花で"っていう実話を聞いて以来、おれの中でのありがたみ感/究極感の指数が3倍になってるし。

ウナギはいいよね、たまーの贅沢しにいくには。
そういう意味で一週間で2回、食うものじゃないわーな。
両方とも最高にうまかった、と自信を持って言えますが。
[PR]
by yohei_morita | 2006-02-21 04:00 | くう人。 *
2006年 02月 20日 *
tonkatsu restaurant

非常に気になるシャッター絵ですわな。
笑うブタさんが、包丁持って...
ぜひともこんだ、開店してるときにいってみたいものです。
味のほうは kalaさんが知ってっかな?
[PR]
by yohei_morita | 2006-02-20 23:27 | とる人。 *
2006年 02月 20日 *
tipster paper stand

競輪場に行ってきました。
コイン入れるところが付いている自動改札みたいな...入り口を通るとき
ここは撮影禁止だよ!と言われ、一同激烈に意気消沈...
...するはずもなく、まぁまぁの収穫を得ることができました。

考えてみりゃ当たり前...とは納得しがたい、撮影禁止の理由は
 場内をグルッと一周して、1ゲーム観戦してみて
 ケイリンキュイジーネで軽く腹ごなしし(死ぬほど喰って約1000円のおでん)
 200円だけ買ったチケットですこしだけ興奮し(同行したN氏が800円勝った!)
 最後の最後には、警備員風情に写真撮っている所を怒られてみて、
なんとなくわかったような気がする。

ここにはそれを書きません。 まぁ、勘違いかも知れないし。

もし、関心が少しでもあって行ったことがないって人は
是非行ってみてください、お近くのケイリン場に。
色とりどりなたくましいレーサー達が走る姿は、ただ美しいのひとことです。
バイクはもちろんかっこいいし、でかい声で「ばかやろう!」とか叫べるし。
iちゃん & N氏、付き合ってくれてありがとう。
[PR]
by yohei_morita | 2006-02-20 00:57 | いく人。 *
2006年 02月 19日 *
conductor room

写真は山形新幹線の、どっちかっていうと新型車両のE-3系"1000番台"って奴。

8回目の乗車で、やっとこ初めて乗れだぜとかおもってたら2編成しかないとのこと。
吹雪だろうががんがん進む山形新幹線は、ちっこいタイプの新幹線だけど、だせぇグラフィックの車両がおおいJR東日本の中でも異色に超クールでなんか不思議。

だせぇといえば、誰がきめるというのでしょうか、こんなひどい色に?

そういえばブルートレインの出雲が廃止ですってね...
[PR]
by yohei_morita | 2006-02-19 01:04 | 思う人。 *
2006年 02月 18日 *
yamagata style chicken soba

山形県村山市の「肉ソバ」です。
肉は鶏肉、よく煮締まっているけど味付けは比較的淡泊で、プルん感も残る逸品。
蕎麦は、ごんぶと田舎系よりは細いが、直径約四ミリ。漂白?喉ごし?コシ?なにそれ?といった風情のグレイに輝くそれは、ガツンとそれ自体の香りが漂いまくりのワイルド感溢れるもの。コシっつーか、あえて、ただ堅いと表したい。

何よりもこのソバ、温かくない。
おだしまでひっくるめて、強制的に冷やしてはいない、そんな温度。
案内してくれたH部長曰く周辺では、わりとこのスタイルは当たり前だそうです。「早く食べれるでしょ」 もし大盛り(¥150増)にしちまったら、きっと後悔しちまってたろうな...と思わずにはいられない位のボリューム感で、地のものだけを使った、地元の人向けなメニューを堪能することができました。

そんな感動:プライスレス(嘘:¥600)。

山形のソバ界、相当ヤバいことになってますな〜。

p.s.
ソバにワサビっていう風習は、北日本にはなかった説、という点でH部長と意気投合できました。ソバには七味だろうよ、と。
あ、でもワサビがあれば入れるけど、って点でも一致してますが。
[PR]
by yohei_morita | 2006-02-18 16:37 | くう人。 *
2006年 02月 15日 *
movable bridge!

結構な勢いでブログの文章を書いてたらさ、ある瞬間、かなり前にも書いていた内容とカブってたのに気付き全部消した。そゆことってないっすか?

上の写真は全く関係ないです。クソおもしろくない写真ですが、砂利道をロードレーサーでかっ飛ばしてて、羽田空港近辺で見つけた「可動橋」です。首都高速の看板がみえたので、マニアのおれは(というほどでもないが)気になって Google Map で確認したところ、こんな具合になってた。かっちょエエ。

さらに「首都高 可動橋」とググってみたら
[教えて!goo] 首都高速にある可動橋 なるものをみっけた。

ふーん。
[PR]
by yohei_morita | 2006-02-15 02:57 | 思う人。 *
2006年 02月 13日 *
mono rails

前のエントリでも書いた羽田チャリ行は、一眼レフカメラを買ってからこっちで、ディマージュ君を久しぶりぶりに持ち出したわけです。ちゃりんここぎに一眼レフはさすがに重いんで。そしたら、なんでだか知らんが楽しいったらありゃしなかったわけ。まぁ、そもそも男子たるもの空港周辺って環境的に楽しいもんであるという事実を、ジェットの爆音とかモノレールとかくるくる廻るレーダーとか空とか海とか朽ちたコンクリや鉄とか、そういうのを差し引いてもね。

こういうところに写真を載せるのって、実は基本的に恥ずかしいわけです。恥ですよ。日々いろんなうんまい人の写真を見てため息ついているし、それらの人ほどの努力する気は無かったりすることに気付いたりもするし → 自分が根性無しの"ヘタ"なのは十二分にわかっているつもり。それだけは、前提としてここを読んでくださっている皆様におかれましては、わかっておいていただきたい、などと思うわけでございます候。

でもどーもね、いま気付いたんだけど、写真の中でだけ"ベタ"になれる気がするのです。"ベタ"ってあれです、あれですよ、とにかくなかなかできないあれ、あれ!

"ベタ"な自分を晒して、どーにかされたいのかな、ダセー酔ってるクセーよこいつ!とか言ってもらいたい、のかも。言われたら速攻やめるかもしれんけど(笑)よくわからんくなってきたので、本日は終了。
[PR]
by yohei_morita | 2006-02-13 23:34 | とる人。 *