Top
<   2006年 01月 ( 22 )   > この月の画像一覧
*
*
2006年 01月 30日 *
I love

あー、汁無し担々麺喰いてー
あー、汁無し担々麺喰いてー
あー、汁無し担々麺喰いてー

萬力屋@際コーポレーション

10数年前は16号っぱたの家具屋だったのに、でもうまいもんなー。
[PR]
by yohei_morita | 2006-01-30 21:02 | くう人。 *
2006年 01月 30日 *
a0032361_082013.jpg

メッセンジャー女子と、ある男の喧嘩の一部始終を収めた写真群を flickr 仲間に教えてもらったのだが、ご両人には悪いがけっこーマジファイトで笑えます。この男、外見からすると意外と弱そうで、さらに微笑ましい。チャリンコ乗りをなめんなよ、って感じでブラボーです。

喧嘩がない世界って、もしあったとしたら恐いよな、そんなことも思ったりもした。
[PR]
2006年 01月 27日 *
iPhoto06

毎年、さまざまな献金活動を行っている敬虔な Apple 信者なもりたですが
毎日のお祈りをかかさなかったので Jobs 聖化はみておられた
注文しておいた iLife'06 (聖下さまのおぼし召し)がさっきやっととどきました。

iPhoto'06 の出来が、素晴らしく良くてわたくしは満悦至極です。
'04 - '05 は期待していたほどではなかったですが '05 - '06 は全然別物ですよ!

年末から今年にかけての4000枚弱のライブラリを閲覧してみたところ、
毎年同じ事を言っているような気がしますが動作が速くなったような気がしますし(1.8GHzDualG5/3GBメモリ)、フルスクリーンでレタッチ可能という点と、ロジクール製マウスでのホイール移動量が適正になった、という点だけでも Jobs 聖化の深慮に感謝します。このことをブログに記すことで日々の曇りない信仰を表せて良かったです。

アルバムを .Mac に公開、RSSで吐き出るようになりました。
ビミョーに凄いことかもわからんが、どう使おうか未だわかりません、聖化さま。
http://photocast.mac.com/yoh/iPhoto/yohei's-photo-casting/index.rss

こんなことではわたくしの.Mac容量などアッと言う間になくなってしまいそうです聖下様。これ以上の税金 お布施はちょっとつらいです...

iLifeの他はアプリケーションは関心がないのでまったくもってよくわかりませんが、
一応 iWeb は立ち上げてみました。
http://web.mac.com/yoh/iWeb/Site/ski.html

うーん、このビミョーに古くさいインターフェースに慣れるまで使うのは、めんどくさいもちっと時間がかかりますよ... こんな愚かな私をお許しください!聖下様!
[PR]
by yohei_morita | 2006-01-27 10:43 | 思う人。 *
2006年 01月 26日 *
たったいま放送していた「キューピー3分クッキング」で、プライパンに一杯に入れたキャベツを炒めるとき、炒め始めの油を少なめにし、水をチョイチョイ指ですくってかけてやりながら炒めるっていう豆知識?あるある?ガッテン?的な小技?をみてショックを受けた。ジャアアアっとあがる水蒸気のおかげでキャベツのしんなり具合が加速し、混ぜるのもラク、それでいて炒まら過ぎない見た目がフレッシュ感すら漂い、実にいい方法だな、でも思いつかなかったなぁ... とか思った。

さ、焼きそばでも作るかな...
[PR]
by yohei_morita | 2006-01-26 12:35 | 思う人。 *
2006年 01月 25日 *
ケイリンピストフレームですが、そもそも引退してしまったプロのケイリン選手が実際にレースで使っていたフレームなので、どうやって組もうかの私情を挟む余地があまりなく、正直言って困ってます。時代考証等していくとパーツ構成が限られてくる、マルティニカラーのアルファロメオにそのまま乗るようで、しのび無さ過ぎ。かといって全塗装ってのも、重要文化財目前の建物をぶっ壊してマンションにするようなもの。もっとカジュアルに乗れる奴が良かったかも...って、あのときはそんな選択肢を模索することすらできなかったし... うーん、困ったぞ。

そうだ、ケイリン行こう。 行ったこと無いし。
だれか、ご一緒しませんか?
[PR]
2006年 01月 19日 *
the my only skill

カメラを持っての、たらんたらんモードは久しぶり。で、このベタな構図。

寒い中こぐのって、実は好きだったりします。
暖かいけど暖かすぎない服を真剣めに選んでエイヤっと外に向かって飛び込む感じ。
トレーニングでもないし行く先もないし、行ったことの無い道を探す、それだけ。
ほっぺたビンビンつま先ジンジン、ジーンズ+SPDだってそんなに悪かないわな。
さすがに日が暮れちゃうとつらいけど、こいできた日は、何もかもうまい。

これを書いていたらミノルタの例のニュースを受け入れられる様な気がしてきた。
2ヶ月前に買ったこれが使えなくなるわけでもないし
カメラ(メーカー)なんて他に腐るほどあるし、中古屋さんもたくさんあるわーな。
(結局、まだ欲しいのか。お前は)

そういえば iPhoto'06 こねーなー。
[PR]
2006年 01月 19日 *
a0032361_2130051.jpg

ITmediaニュース:コニカミノルタ、カメラから撤退 ソニーが「α」を継承

ひどい。そりゃない。
レンズ集めまくろう。
[PR]
2006年 01月 19日 *


今頃話題にするのもなんだが、燃え尽き症候群も過ぎた話だし、餅つきの話。

例年、20kgの餅米を用意するのだが
それを次回には30kgに増やせないものかと目論んでいる。
少しうまくいったからってお前は調子に乗っている、という指摘は間違いではない。
マスター諸氏をはじめとする、参加者の意見を求めます。

過去に1回だけ30kgでやったことがあるようなことは、両親より聞いている。
あんときゃたしかスゲぇーたいへんでさぁ、親父はたいして覚えていないようだ。
母親は、もう30kgなんて絶対やりません、と息巻く。パーティ大好きなくせに。

これだけは記しておかねばならない。
今年はマスター皆さんの努力(火傷?)のかいもあり、餅レベルが格段に上がった。
その結果が遺憾なく発揮されるのが、餅つき後48時間乾燥させた切り餅を使った、この雑煮だ。今年は最高にうまかった。そして速攻で無くなっちゃった...ごめん。

切り餅をテーマに、次回は餅つきが出来ないものか。ハードルは高い。
時間的制約、杵・せいろ等の新規設備投資、かまどの効率化、あとは皆の体力次第?
どうか次回もよろしくお願いいたします...
[PR]
by yohei_morita | 2006-01-19 00:43 | 思う人。 *
2006年 01月 18日 *
the yakisoba

書きそびれてたんだけど、富士宮のヤキソバ最高。
肉カスっていうんですかね、カリってした香ばしいもんが入ってた。
くってるそばから麺が切れる切れる。ここで気付いたんだけど
おれは、コシ無し麺類をこよなく愛ているのだ、ということ。
よく言うじゃん「麺にコシがあっておいしいですね〜」とかって。
アレに対抗して「麺にコシが無くて最高です!!!」と堂々と言え、
それがイヤミに聞こえないような世の中になって欲しいものだ。
どっちかというと、おれは麺にコシ無しの土地に生まれたのだ、たぶん!
そういうこと。
麺にコシありも好きですけど。
[PR]
by yohei_morita | 2006-01-18 18:25 | くう人。 *
2006年 01月 17日 *
the long-travelled jersey

いまはもう伝説のケイリン自転車ブランドとなった、茨城・我孫子「三連勝」のサイクルジャージ(ウールマーク付)を着て、ご機嫌な笑顔を振りまく彼女は、 flickr を通じて知り合ったアメリカ・ワシントン州にお住まいの chimblysweep さん。

なにゆえ、一見してこのように変哲もない(?)他所の人が撮った写真を選んだか、
ご一読の程を。

おれが千葉・市川にある、自転車グッズのお店 DEPOT【ディーポ】で、そのサイクルジャージを発見したのは2ヶ月位前。それがヤエのっつって、まず驚いたのが1つ。

元々おもしろい出物が出てくる店だが、そのスジの人らにしか理解できぬとは思うが、おそらく1980年代のこのジャージ、店内でも傑出した凄い代物で、思わず店の人に許可を取り写真を撮らせてもらって、おれの flickr に載せたところ、chimblysweep はそれを発見、約1ヶ月あと、日本に行くという友人に買って来てもらったという...。

要は、ヤエが出品してたブツを、おれが撮った写真を flickr を見た chimblysweep が買ったって訳。彼女からはご丁寧な thanks メールが来たよ。

ただ、サイクルジャージって代物は、そのブランドの自転車ユーザでなければ、着ててもダサい。そりゃそうでしょう、ハーレーダビッドソンのロゴの入った服を着て、カワサキのバイクに乗る奴はいない。

その点、若いのに彼女は筋金入りの「三連勝」マニア。いま3台目組立中。
おまけにケイリン自転車っていうのは、乗りこなすのがひじょうに難しい。
だけど彼女の flickr を眺めているとその「三連勝」自転車を、街でカジュアルに乗りこなしている姿をみることができる。

自転車好きは、自転車に乗って楽しそうな人の写真を見ると、それがたとえ夜中の2時半であっても、ほほえんでしまうモノなのです。

そのジャージを着た姿で自転車、っていうにはまだ季節が早いけど
もうひとつ、春が来るのが楽しみになった気がします。

"the long-travelled jersey"
by chimblysweep
[PR]