Top
カテゴリ:くう人。( 21 )
*
*
2006年 01月 18日 *
the yakisoba

書きそびれてたんだけど、富士宮のヤキソバ最高。
肉カスっていうんですかね、カリってした香ばしいもんが入ってた。
くってるそばから麺が切れる切れる。ここで気付いたんだけど
おれは、コシ無し麺類をこよなく愛ているのだ、ということ。
よく言うじゃん「麺にコシがあっておいしいですね〜」とかって。
アレに対抗して「麺にコシが無くて最高です!!!」と堂々と言え、
それがイヤミに聞こえないような世の中になって欲しいものだ。
どっちかというと、おれは麺にコシ無しの土地に生まれたのだ、たぶん!
そういうこと。
麺にコシありも好きですけど。
[PR]
by yohei_morita | 2006-01-18 18:25 | くう人。 *
2005年 12月 31日 *
cooking stove

12/30は我が家でもちつきでした。
お忙しい中遠いところ、参加してくれたみな様、どうもありがとう。
今日は、午前中〜昼過ぎまで重度のパーティ症候群(毎年のこと)のあと、いろんなもんの片付け。さっきやっとこさ Flickr に写真をアップ完了し終えたところ。年が変わる頃には寝ちまいそうだぜ...

今回は、前回時の後に餅つきマスター達による反省会をやった成果か、かなり"もちレベル"が上がったように思われます。うまかった。ミゾ・サワマキ・kdma・エマ・カヨ・げんた の各マスター達のあくなき向上心に感謝します。手はヤケドしてないでしょうか...少し心配です。

それ以外の方も、ホントお疲れさまでした。来年の12/30もひとつよろしく!

それでは皆様よいお年を。
[PR]
by yohei_morita | 2005-12-31 19:11 | くう人。 *
2005年 12月 28日 *
tempura udon (saitama style)


なんだか晩飯報告になりつつある当ブログですが、まぁお許しを。
東北自動車道 加須ICちかく 手打ちうどん「末広」です。

哀しすぎるその外観に惹かれ、今回初めて入った店なんですが
久しぶりにしびれる体験ができました。80歳くらいに見える老夫婦がやってたのだが
バァさんは客席で超極大盛りうどんを食おうとしているし(写真のうどんの3倍くらいあった)
ジジィは湯気が上がって、明らかに風呂上がりの風体でふらふら暖簾の奥に消えていったり。

こしが全くと言っていいくらい無い手打ちのおうどん、ふやけきった天ぷら
したにまとわりつくみりんの甘さ、小さいどんぶりに一杯の盛りつけ
これぞ懐かしすぎる「埼玉スタイル」 そんなものがあれば、の話ですが。

天ぷらうどん600円とお値段も泣かす、昨今の"ご当地名物化ブーム"などどこ吹く風の
古(いにしえ)の趣を色濃く残していそうな、なかなかおつな店でした。
ストーブつけて、店は暖めておいてほしかったけど。

PICT4321.JPG

[PR]
by yohei_morita | 2005-12-28 01:58 | くう人。 *
2005年 12月 27日 *
ginger pork saute


人形町駅すぐそば、洋食の「キラク」 ポークソテーです。
おれ的にはこの惑星上で、トップクラスのポークソテーだと断言できます...

今までに「キラク」には10回くらい行きましたが、なんだかんだ言って
いつもポークソテーをたのんでしまう。
いちどポークカツを頼みましたが(カツだって、うまいよ。間違いなく)
その時、ポークソテーを頼んだ人の事が羨ましくて仕方がなかったことを覚えています。

ポークソテーはニンニク効かす?って聞かれるので、問題がなければ効かせた方が
もう、本当に、最高に、イイです、イかせてくれます。
いまこれ書きながら思い出すだけで、さっき喰ってきたっつーのに
ああ、オレにとっての贅沢とは「キラク」です...ご飯付きで1550円だけど。

ついでにつけ合わせのマカロニサラダ(?)も最高。

こんな言い方、ヘンな風に誤解されたらイヤだけど「キラク」のおばさん...ってか、
女大将...っつーか女性(ボス風)が、てきぱきと料理を作る姿が最高にいい、と思うのは
オレだけでしょうか。
[PR]
by yohei_morita | 2005-12-27 02:34 | くう人。 *
2005年 12月 27日 *
gyoza...


なんだか餃子ブログになりつつある当ブログですが、お許しを。だって好きなんだもん。
写真は、北浦和駅東口「娘妹(にゃんめい)」の餃子で1人前。200えん。

実は、この時点で2コ喰ってしまっている。だから1人前は計7個だ。ひとつがとても小さい。
狭い店のカウンターを挟んだすぐ向こうで、咥えタバコのおっさんが手で1個1個包んでいる...
そんな浦和の宝物のようなこの店の、五香粉がキいた焼きたての香りの抗いがたい魅力を
誰がかわして、まずシャッターを押せましょうか。

この後、ヤキソバ(300えん 塩味)も喰って、計500円。あ、一応、中華料理屋でぇす。
ほんと、こんな店は冷蔵庫に入れて、とっておきたくなるよ...未来永劫。
[PR]
by yohei_morita | 2005-12-27 02:18 | くう人。 *
2005年 12月 08日 *
kameido GYOZA

なんつーか、無敵ですね、亀戸餃子は。
亀戸餃子の上に餃子はなく
亀戸餃子の下に餃子はない
おまけに、メニューには餃子しかない、これは事実だ。

ひっさしぶりに5皿喰いあげて、確認しました。
おれ的「東京の味ベスト5」に入ってきます。当然です。
 1皿六個:250円。パーフェクトです。

kameido GYOZA

[PR]
by yohei_morita | 2005-12-08 02:21 | くう人。 *
2005年 11月 02日 *
仕事で群馬に行くことが多いんですが、家に帰る際に、
退屈だが最短距離な、東よりの東北自動車道でイクか、
真ん中を取って、利根大堰を渡りつつ古墳を眺めながら行田でフライを食うか...
いつも迷います。

んで、昨日は少し遠回りだけど、関越自動車道で行ってみよっか、
いつかは東北道につくだろ位の気持ちで、太陽の沈みいく方角を目指して走ってみました。

brazil in gunma
写真は西大泉駅前の食品店で。

国道を走って、東武線 西大泉駅前で偶然発見した
ブラジル国旗を掲げたピザレストランで、ものすごく美味しいシュラスコサンドを喰いました。

だけど、だけど、なにも写真に撮れませんでした。

そういえば、シュラスコサンドってポルトガル語でなんて言うかおれは知らないんですが、
その店は、日本語が喋れない、というか話す気がない(風に見える)ジュリアロバーツが65歳になりましたって感じの親しみにくいキャラを持つブラジル人おばさん(A)が一人でやってる店で(店内はブラジルの国旗がいっぱいあったし多分ブラジル人なのだと思う)おれが店に入ったときは、身長190cmは優にあろうかというお爺さんが、彼女とのおしゃべりを終えて出て行くといったところで、おれの顔を見るなり二人でポルトガル語でなにやらまくし立てられ、さんざんおれはビビったあげく、うまそうな写真入りのメニューを見つけ、気を取り直しコレくださいって指さしても、これは日本人は嫌いだ、やめておけ、みたいな話になって、うわーすげぇ、おれはこんな哀しい群馬の片田舎で風邪ひいて腹減ってんのに何やってんだ、などと思ってたら、そんとき店内に入ってきた、コテコテに髪を染めて、ぼん・きゅ・ぼーんならぬ、ぼん・ぼん・ぼーんな感じのブラジルおばさん(B)がちょっと日本語ができて助かったーと思うと同時に少しさみしくもあり、その時、哀しい風情のブラジルおばさん(C)(八代亜紀ブラジル版)とその娘とおぼしき女の子が入ってきて、おばさん(A)と一緒におれの顔見て早口でまくり立てまくる。心細さからブラジルおばさん(B)に色々インタビュー状態になってしまって、別におれのことを言ってるワケじゃなくて、でも日本人がこの店に入ってくるのは稀だと言うこと、が判ったりした。そのうちおばさん(B)は最大限の愛想を振りまきながら帰ってしまって、おばさん(C)もおれに少しだけ話しかけてくるんだけど...おばさん(C)の哀しい風情ってのにはやはり理由があってココでは書かないが...切なかった。

そんな店で、シュラスコサンド(500円)の写真など撮れない。

最後まで愛想の悪かったおばさん(A)に、全身でおいしかったよ!と伝えました。
そしたら初めてちょっとだけ笑って、なにやらペラペラっといったのをおばさん(C)が通訳してくれた。「マタ、オネガイシマスッテ」
だから、また行こうか、と思います。
今度は写真、撮れそうな気がします。

上の写真の食品店で、見慣れぬスナック菓子とインスタントスープを買って帰りました。

家帰ってきてみて、googleを引いてみれば@nifty:デイリーポータルZ:東京から千円で行けるブラジルっつーのが引っかかりましたが、あ、そういえば読んでたなぁ。
俺が行ったのは、ここで書かれているのとは違う店です。
[PR]
by yohei_morita | 2005-11-02 10:51 | くう人。 *
2005年 10月 18日 *
九段・斑鳩

この星で一番のラーメン店は、九段にある 斑鳩 だと思います。
[PR]
by yohei_morita | 2005-10-18 02:29 | くう人。 *
2005年 10月 07日 *
edge of the eaves

今年も、梨屋さんに行ってまいりました。
貴重な埼玉の秋の味覚です。
この梨屋のある桶川市ってのは、実に埼玉っぽい、美しくていいところです。ビバ!埼玉。

harvest time goldfish*goldfish pear farmer mr. odaka

左・今年もデカい。うまい。中・梨屋さんにある水槽。金魚多すぎ。 右・Mr.梨 - 小島さん。

小島さん見てると農業っていいなぁ、カッコいいなぁ、って思います。
[PR]
by yohei_morita | 2005-10-07 09:39 | くう人。 *
2005年 09月 02日 *
sea eel bowl.

穴子"天丼"じゃあ、ないっすよ。
穴子丼で。

これでもかっつーくらいのやわらかさ。さっぱりした味付け。
山盛りワサビが、何故かあまりキかない。

腹減りすぎ → 食べる → 完璧に満足すぎて、で店の名前は失念。
ま、よくある話だ。 そんなときは、脳に血がいかないわな。
築地魚市場、構内の一番奥です。¥1100- ナリ

それと、こういう気のきいた店のみそ汁って、なんでこんなに美味いんでしょうか?

ふわぁっとした穴子っつーのは、"東京の味"って感じで、いいね。


sea eel bowl.

食い終わって気付く。
この店、"味の素"を標準装備! 素晴らしい!!
[PR]
by yohei_morita | 2005-09-02 23:35 | くう人。 *