Top
カテゴリ:いく人。( 68 )
*
*
2006年 01月 05日 *
today's mt. fuji

あけましておめでとうございます。
このブログともども、今年もよろしくお願いいたします。

今日から始動していくわけですが、年々ひどくなっていく、餅つき後のパーティ症候群...
すなわち脱力感みたいなもん...ですが今年は特にひどかったです。燃えつき過ぎで3ヶ日は、外にタバコ買いに行くのすらめんどく状態でした。だもんで前エントリにも書きましたが、ここをごらんのみなさまにおかれましては、おれをもっと追い込んで灰のようにくださいね...

しかし、32歳の男が実家で灰のようにたたずむのもあまりにもアレなんで、
ここは何かにすがるしかないと、富士山周遊ドライブしてきました。朝3時出発で。
その昔どっかのテクノバンドが富士山を歌ってましたが、やっぱ違うぜ富士山パワー
ま、神懸かり的な比喩は置いといても、まぁすげぇ。いいわ富士山。
枚数撮りすぎてきちゃって整理が大変。ついでに言うと、道、がら空きでした...
このエントリは多分、続きます... いい神社二つもみっけてさ...
[PR]
by yohei_morita | 2006-01-05 11:24 | いく人。 *
2005年 12月 26日 *
tunnel  mouth


今シーズンはつの粉雪を味わって参りました。
まいどおなじみ大人のわびさびスキー場 谷川岳天神平スキー場 です。
ひざ下まで埋もれてもサクサク滑れてしまう素晴らしい雪の塩梅は相変わらず、聞きもしないのに皮肉混じりに「これ一台○○○○万円ですよ」とスタッフさんがぼやく新しいロープウェイ(2本の"ロープ"だ)は、それはそれは素晴しい乗り心地でした。一方でゲレンデといえば、ほんとガラガラでのびのび滑れるのはいいけど、ひとつのレストランが休憩所になっていまして...相当切なかったです。でもなんかイイんだよなー天神平って。

スガ健せんせい曰く、おれが昨シーズン手に入れたスキー板はどうやら大回転用らしい(泣)そして、おれは基本が全くなっていないですね。っつーか、スキーをチャリンコの乗り方してちゃダメだと気付かされました。先生、みっちりのご指導ありがとうございました。とん・つー・とんですね... 忘れないうちに早いとこ行きたいもんだぜー。

ところで、世の中が一年間で最も浮ついた季節とされるこの3連休に、2泊3日の行程で行われる「雪崩実習」に参加してたサワマキミゾは無事だったのでしょうか。スガ健とおれは先に帰っちゃいましたが、いつになく真剣モードで、謎の装備を身にまといながらメシ喰ってる最中にまでロープのもやい方を復習していた彼ら... 彼らが笑顔で下山したことを祈ってやみません...

今回、クルマのスノーチェーンを買ってみたが、これが付けやすくてよかったです。安いし。15万kmオーバーのクルマに、新たにスタッドレスもなー、という方はオススメです。
[PR]
by yohei_morita | 2005-12-26 11:35 | いく人。 *
2005年 12月 20日 *
RAV4 with kominato line


んで急遽、前エントリで述べたα-7Dの真価を発揮すべく、最近のおれ脳内で熱く燃え上がっていた憧れの地、千葉の中房(?)に行ってきました。

20mm2.8レンズ1本しか持ってかなったけど。
[PR]
by yohei_morita | 2005-12-20 02:20 | いく人。 *
2005年 12月 16日 *
tokyo light

柄にもなく、杉本博司 時間の終わり、なんていう展覧会を見に行った。

アナログ時代、技術が先に来るタイプの写真家の、それでいてアート的にもなかなか...
っつー感じで、意外と言っちゃなんだが、おもろかった。

氏に思い入れなど無かったが、ほんと柄にもねーんだけど解説文なぞを読んでみれば
ニューヨーク自然史博物館を見てて思いついたシリーズ、っつーのがあるんだけど
おれも氏とおんなじこと考えてて驚いた。だから…なんでもないんだけど、うれしかった。

氏の "シンプル" で "基本的にはピントがあっていて"
"手間がかかってそう" で、しかし "観る者にイメージ喚起するのでもなく"
"むしろ圧倒しちゃう" ような写真が大好きになりました。

そういえば flickr なんかで人様の写真を見てても、そういう写真が好きなのかも。
それよりなにより、写真を撮るにあたって、へたくそなりに氏の作風に影響されそうで(笑)
そんな自分の影響を受けやすい一面が、今更残ってたことに驚いた。

"ねーねーこんなん撮れたよーみてみてー" と
氏が言っているようで、親近感が湧いたっつーか、
カメラ持ってうろうろするのも、間違っちゃねーなっつーか、
もちろん、彼のはとても超強力なわけで、比べるべくもないのですが。

でもさ、ここ森ミュージアムのいいのって、アートな時間もすっとぶ、この夜景なわけ(笑)
おれのって、なんだか夜の写真ばっかりだなぁ...
[PR]
by yohei_morita | 2005-12-16 00:23 | いく人。 *
2005年 11月 20日 *
書くと書いたので...「食」です。

soki-soba at tokashiki.


渡嘉敷 阿波連ビーチ近くの例のオバーが作るソーキソバ。ダシはオジー担当らしい。
太陽光のもとで最後の一滴まですすったスープはどこまでも澄んでいて、
本土で食すそれより、とくにシンプルな味わいが際だつ逸品でした。


blue seal ice cream

沖縄に行くと誰もがぜったいに目にする"blue seal ice cream"の文字。「サトウキビ」とか「パッションフルーツ」とか「紅イモ」とか、強烈なラインナップ名に興味をそそられ旅行中に2回店に足を運んだが、それぞれの個性がしっかりと出つつも、意外とさっぱり。東京でも成功すると思うんだけど...と思ってたら、あるんね... 知りませんでした。


Coffee shop named the GENTEN (the origin)

コザの街の風景でカルチャーショックを感じつつ、町の人にうわさを聞きつけ訪れてみた山の手の美しい街並みのほうにある、コーヒーショップ「原点」のコーヒーも驚きの一杯でした...とにかく、デフォで甘いアイスコーヒーを飲んでここまで美味いと思ったのは、25年ブラック派やってますが無い事でショック。ミルクも層になって入っているが、混ぜたらダメでなんです。野村沙知代ばりの恐い店主のおばさんに怒られます。このおばさんがまた語るんだ...

Coffee shop named the GENTEN (the origin)

既に、家であの味を実現すべく研究を開始していますが、なかなかね...
でもいつか再現してやろうと目論んでいます。

ある意味一番沖縄っぽかったのがこれ。
[PR]
by yohei_morita | 2005-11-20 20:35 | いく人。 *
2005年 11月 19日 *
island of coral
最初、目を疑ったよ、珊瑚の死骸の海岸。こんなの初めて。

沖縄本島からフェリーで1時間、高速船で35分という距離にある慶良間(けらま)諸島。
そのうちの一つの渡嘉敷島に行ってきたわけだが、とくに渡嘉敷島でなくてはならない、ということはなかった。誘ってもらった行き先が、たまたまそこだったということ。
Google Local - 沖縄 / 【Monthly Okinawa】 渡嘉敷島

shi-saa
塗り薬で仕上げたシーサーは比較的新しいものとのこと。

島には3つの集落があって、そのうちの阿波連(あはれん)というところが観光担当。ビーチが美しくて、海水浴、そしてダイビングの目当ての宿泊施設がある以外に何もない。畑と田んぼもあるがとても狭い。今回の旅行には、ちゃりんこを持って行くか出発当日朝まで胃が痛くなるほど悩んだが、持って行かなくてホントよかった。おれにとって、渡嘉敷島は山がち過ぎたので。

aharen beach

のんびりした島の風情を、完全にオフシーズンということもあって、ゆーっくり楽しむことが出来た。1時間くらいで一周できてしまう集落だが、10人くらいの島人とおしゃべりが出来た。おれの経験上、こんな事は他ではあり得ん。なんでこんなに話しかけられるんだ?

sweet rider
旅先でまた恋に落ちてしまった、このままだと寅さんのような人生になってしまいそうだ。

思いがけず生まれて初めてウェットスーツを身にまとい、シュノーケリングにアタックしてみたのだが、ありきたりだが、、珊瑚礁のあまりの美しさにめまいが...でかい海亀とも手が届くくらいの距離で泳いだし... 凄すぎて、あの感動は言葉に出来ないし、ここに一生懸命書いてもぜったいに伝わらん。もしおれが、ダイビング機材一式を自由に扱うことが出来て、水中カメラシステム一式があったなら、今頃、このブログに世界一の美しさを誇るという珊瑚礁を持つこの島の住人になったことを報告していただろう...いやマジで。

man of the sea
「どこからきたさー」と話しかけてきた親父。
「おれはずっと海人(うみんちゅ)だからぁ」と、海の恐さを教えてもらった。

his hand.
彼の手。カッチョ良すぎ。

ああ、もう一度いきたいなぁ...
[PR]
by yohei_morita | 2005-11-19 01:32 | いく人。 *
2005年 11月 17日 *
old man

喜屋武岬の碑の前に佇んでたオジー。81歳。ホントか?(笑)もっとイってないか?
あと、違う意味で彼はちょっとイっちゃってたけど、底抜けに明るく、歌もうまい。
でも60年前に、そこでなにがあったかを話す口調だけは、多分何千回と繰り返してきたのだろう、まるでカセットテープのように確かなものだった。彼が艦砲射撃の時のことを話すときに使った擬音「ひゅん」といった声は、多分おれの一生忘れないであろう恐い音だった。
ここで1日目にして1時間半も足止めくっちまってさ(笑)ドライブ計画カタ無し。


old lady

彼女には、渡嘉敷島、阿波連ビーチ前に行けば会えます。82歳とかって言ってたかな。
渡嘉敷に生まれ、若い頃より、政府に移住をせまられ沖縄の離島を転々とし、最後にはミクロネシアのポナペ島にまで住んだという。ま・そこも日本だったわけだが。早いうちに避難するように渡嘉敷に戻ってきたが、米軍が上陸してきて旧日本軍に集団自決の命令を受けたという。
このあとここに書くにはさすがにはばかるような話を聞いた。いまは商売が楽しくって仕方がないらしい(海の家的なことを営んでおられる)。旦那さんも健在だが、私の助手だと言ってカカカと笑うこの魅力的な彼女と、実を言うとおれ、渡嘉敷島に32時間いたんだけど2時間半も一緒にいたことになる。彼女の作るアンタギーはウチナーや本土のよりさらに油っぽくないので滞在中で11個も喰ってしまった...

おれは割合バァさんっ子ってのもあって、彼女らも結構な体験をしてきたっていう話を、少しずつではあるが聞いてきた。でもね、うまく言えないんだけど、なんつーか、おれの父方・母方のバァさんなんかが話す内容ってのには、後ろめたさみたいなものを内包していたんですよ、常に。戦争によって得たものもあったからなんだと思うんだけど。

だけどさ、違うんだ、沖縄で会った、上の写真(の他にも2人いるんだけど)のオジー・オバー達は。計4人、それぞれが、おれが聞きもしないのに話し出してくるわけ。60年前にここで何があったかを。まるで一昨日のことのような... これはただごとではないですよ。

昔話ってのは、たいがい、まるで江戸時代か旧石器時代の事のように思えてならなかったのね、おれの体験上ではさ。だけどここ沖縄ではなにかが違った、それはまるで親しい友達の体験話を聞くように、染みた。それは素晴らしい体験で、人の生き死にや戦争のことなんで不謹慎かと思われるかも知らんが、おれにとっては得難い楽しいものだった。彼らが土に帰っちまう前に沖縄に行けてホントよかった。

これだけはこのくそブログでも言える、戦争はダメだ、ピース。
[PR]
by yohei_morita | 2005-11-17 01:36 | いく人。 *
2005年 11月 16日 *
R-58
左側が、延々と続く嘉手納基地。これはでかすぎだろ...って位ある。

沖縄に行った理由は、ダイビングをメインに行くというキダさんに、今なら旅費安いよ〜あたしいくけどいくー?って(全くの別行動ですが...)きっかけ作ってくれたってのもあるが、ずっと憧れてた国道58号線をひた走る... を実現したかったというのが大きい。

"R-58 ソウルドライブ"です。 そうです、それは魂の...っていうにはちょっと可愛すぎるパッソぷちぷちぷちトヨタをレンタルしたわけですが、コイツがよく走ってくれた!! 

gushikawa site of castle
具志川城跡、というかほとんど未整備の遺跡だね。最高です。沖縄の城跡好きになった。

R-58に特別因縁があるワケじゃないんですけど、男は18さいでクルマの免許を取ったら、米軍基地に向かうものなんです。なんとなく。

福生、厚木、横須賀... 関東に於けるソウルドライブルートである国道16号線は、わりとフツーの風景になってしまい残念なのですが、その幻の先には、いつか、いつか行ってやる! あそこならなんか違うはずなんだ! 58号線で嘉手納へ! なんて具合なことを考えてたことが、過去の何時かにあった訳です。ここで文章で説明できる意味なんて無いです。なにせソウルドライブですから。

restaurant
これ、どこだったか忘れたなぁ。海中道路を走った後、北に向かう途中かな。

結果前半2日間で320km、もちろん嘉手納基地だけじゃないですよ。
南は具志川城跡、北は座間市役所(それぞれ、なんとなく行ってみた、カッコよかった)
よく走りました。

沖縄の人のドライブは、皆のろい。
レンタカー借りてすぐ、うれしくてあせって、割り込んだりしたおれ。
あ、ここはなんかが違う、と気付いた瞬間、ほんと恥ずかしくなった。
世界で一番ドライブしやすい所な気がします。
ということは、世界で一番いいところ... だとも言えよう。

渡嘉敷編とメシ編と...続きます(多分)。
[PR]
by yohei_morita | 2005-11-16 10:15 | いく人。 *
2005年 11月 15日 *
whats up man!

気になることがひとつ。↑コイツ、那覇の国際通り沿いのスタバにて
おれ様に what'up - what'up とかいって、うざげに話しかけてきた奴なんだが。

聞いてみりゃ、フロリダのマイアミ出身、22さいのジェフくん。
嘉手納キャンプ所属の軍属だっつーので、戦闘機に乗ってるのか?とか聞いてみたら
なんだかケータリングがなんちゃら言ってたので、配膳係か? とにかくトーンダウンしてた。

ま、彼の職業に関してはどーでもいーんだが、おまえは何やってんだと聞くから
旅行に来て写真とってんだ、おまえ flickr をしってっか?って聞いてやったら、
なにそれ、っていうわけ。んでさ、まぁそりゃそうだ、知らんわな、
そしてあのスタバの紙にさ、ボールペンでおれの flickr アドレスを書いて教えてやったら
(www.flickr.com/photos/spastica/)

「だぼー だぼー だぼー だっと ふりっくる だっと かむ 〜〜」
って言うのよ。

ふりっくる???

やはり...前から危惧していたのだが、ネイティブが読むとこうなるのか...実際の所は良くわからんのだがな...こんだ英語ネイティブ連中にアンケート採ってみよう...もし、間違ってたってことになったらダセェって気分もあるが...フリッカーって日本ではみんな呼んでるから、まぁそれでもいいんだけど...

うーん、フリックル、うーん。
[PR]
by yohei_morita | 2005-11-15 13:06 | いく人。 *
2005年 11月 15日 *
rental toyota.

生まれて初めての沖縄に行ってきた。
っつーか、写真撮ってきた、とも言えよう。
3泊4日で1532まい。アホなのかおれは。
倒れた写真を起こすのに疲れたので今日はここまで。

しっかし、東京は寒い。さっきまで27℃だったんだぜ。今日、海でザブザブ遊んできたし。

しばらくこのネタでちびちび行こうかと思います... 楽しかったから。
[PR]
by yohei_morita | 2005-11-15 03:07 | いく人。 *