Top
カテゴリ:とる人。( 56 )
*
*
2006年 11月 02日 *
'thats a lot of money on the floor!'

flickr meet っつーことで銚子に行ってきたわけだが、普段のデジタルがぶっ壊れてたのでちっこいのだけ連れて行った。うーん、なんつーか、単焦点38mmっていい。撮ってて心地よい。何とかの一つ覚えで広角広角とか言ってたけど、よっぽど街中の狭い所とかじゃなきゃ、28mmだと使いづらい気がする。逆を言えば、38mmってのは、そこそこ広いところに行かねばならんのかも。ズバリ都心以外。


fire of the seaside

それとこの、逆光を捉えることができる感じ。ウーン、自己満足。でもある意味ショック、ミノルタデジタルではこうはいかん... フィルムのおかげなんだか、カメラのおかげなんだかよくわからんところではある。この辺の見極め次第でおれのカメラライフが大幅に変わるかもしれぬ...次はフィルムかデジタルか...。そして今回解ったのは、ちっちゃいカメラはいい、っつーことだ。デジタルだと選択肢がないからなぁ...困った。長く楽しむためには、いさぎの良さが必要だと強く感じた。カメラ趣味は史上最高に深いね...宇宙の深淵のあっちがわを覗いてしまったようだ...


my favorite place

うーん、それにしても順調に「たてたて病™」を発症中だ。きっとカメラに慣れてきたのだ、と思い込むこととする。悪いことではなかろう。あと正直言って、iso感度以外のフィルムの違いは正直よくわからん。これからは安いフィルムを買うことにしよう...低感度も試してみたいし。現像と同時にお願いしてるスキャニングは「NORITSU KOKI QSS-31」(ラボ周り2箇所めでみっけた) 紙には焼いていません。色も不満無いし、データの解像度も高いし(600万画素超)、flickr とブログ用だったらこれでじゅうぶん。もっといい方法があったら教えてください...

なんつーか、写真を撮る楽しさを思い出した2週間だった... ほんの3年かそこら前の感覚。フィルムを無駄にはできないという緊張感は、あって然るべきものだと気が付いた。6.5GBのメモリーを持ち歩いていた今までは、無駄にシャッターを押しすぎていた気すらする。今回の収穫は、撮れた写真よりも相当に大きい。人生に素敵な無駄が加わってしまった...
[PR]
by yohei_morita | 2006-11-02 12:35 | とる人。 *
2006年 10月 27日 *
flickrmeet : Choshi, Chiba Prefecture.

ビミョーに忘れてたんだが、こんなんあります。"Flickrsが行く銚子"

身分不相応なカメラを買ってしまって魚さおしている人、アートっぽいことに憧れ続けて早ン10年経っちゃったけどどうもうだつが上がらないと感じている人(つか、それはオレだ)写真オタク、カメラ機オタク、もちろんオタクじゃなくとも。カメラは、写るんですでも、100万画素でも、誰かの遺品カメラでも、ン100万円かけた撮影システムでも。もちろんプロフェッショナルなアーティストやフォトグラファーも...一般人も、学生も。いまは flickrs でなくとも、後日 flickrs になって、写真をシェアしてくれれば参加可能ですんで、明日土曜日、朝9時半、銚子駅に集合。お暇なら一緒に写真撮りに行きませんか? 多少遠いが...遠いことにこそ意味がある。
[PR]
by yohei_morita | 2006-10-27 00:20 | とる人。 *
2006年 10月 23日 *
akko, eisuke

Tokyo Bike Meetup 3rd の写真をいくつか追加しました。
ここからどうぞ。Flickr: Photos tagged with 061014tbmu
まとまった数、とはいっても36枚撮りのが2本。現像があがってきたから、雨んなか近所の古くからあるカメラ屋さんに赴きましたが、いまこうしてみるとフィルムって奴ぁやばい発色をしてくれますね... ハマっちまいそうで恐しいです。いままでは銀塩フィルムなんて資源の無駄で、完ぺきにデジタルで代用しておつりが来るぜ、オシャレにフィルムとかいっている奴ぁ贅沢な遊びができてイイもんだね、などと思ってたのですが、あっさりその考えを改めねばならぬような不思議な出来に自己大満足。しっかし撮れば撮るほど金のかかる(デジタルならば逆だ)贅沢な遊びであることには変わらんなぁ...と。
[PR]
by yohei_morita | 2006-10-23 20:51 | とる人。 *
2006年 09月 19日 *
the photograph of a boring sunset.

昨日の東京の夕焼けはきれいだった...こんな写真を載せといてこんなタイトルもないわけですが、他人が撮った夕焼け写真ほど退屈なものはないよね。わかっちゃいるんだが、なんしかの気象学的偶然と、カメラを持って出かけた偶然が重なって、ほんの何分かだけの夕焼けを久しぶりに堪能することができて、そして写真を撮っておけば、その次の日にだってその事を語り合ったりもできる... どーもアレだね、いずれにせよ写真を撮っておかないと、目の前の風景を忘れる傾向がある→ネタにできない...のを否定できないわけで、それはどーなの、とも思うわけだ。きれいな夕焼けは語るに値する天体ショーですね。そう、そうだ、昨日のはそれくらいすごかったってわけ。
[PR]
by yohei_morita | 2006-09-19 21:51 | とる人。 *
2006年 09月 13日 *
keep lighting us up

次回の tokyo bike meetup の詳細が決まりそうです。ただ今、フライヤを鋭意制作ちゅう、と暗にプレッシャをかけてみる(笑) 前回の TBMU で知り合ったYetiさんが担当します。よろしくねー。そしてこんどはひとつ、テーマというか、そういうのを加えてみようか、と案じてたりします。そいつはフライヤ発表時のお楽しみに。

ところで、三脚を買ったはいいが能力を発揮せぬまま1週間が経とうとしてる... これはクルマで虎ノ門通りだったかに出る際の信号待ちの時に、開けた窓に手をかけてブレ低減を図ってみた三脚無しの写真で、わりあいお気に入りです... 滅多に使わないこんなの、中古もんの1500円で良かったあ、と。
[PR]
by yohei_morita | 2006-09-13 13:19 | とる人。 *
2006年 09月 12日 *
carts

先週とある掲示板でみた情報で、マンフロット社(伊)のマグファイバー(カーボン)三脚の代表的な商品群が、なんと約60%引きの大バーゲンってんで、マンフロットとかジッツォの三脚を担いで歩いている人はあまり見ないし、無駄にハイスペックでかっちょエエなぁとか以前より思っていて、でも高嶺の花で殆ど手にすることはないであろうと思っていたフシがあったわけだが、バーゲン会場であるサイトにすっ飛んでいって、それらの値段を確認し在庫がありそうなのを確認するや、メーカーサイトを徹底的に調べ上げ、自分にあっているであろう #190MF4(Max131cm/4kg - 本体1.6kg!) という機種を選定をし、これなら我がちゃりんこのトップチューブにくくりつけられるぜ、自転車は鉄だが三脚はカーボンだぜ、これで夜な夜な東京湾へ繰り出してうんざりするぐらい工場やタンカーを撮るぜ...などと脳内バカ色バラ色、早速バーゲン会場である大阪キタにあるカメラ用品店に電話をし、電話口の関西弁ジジイによる、こっちも喉がかれちまいそうなおしゃべりをうんざりするぐらい堪能したあと、(それしか購入方法がないので)代金、21,000円(税込み)+送料+代引き手数料の振り込みを敢行すべく、くそ青いバーテープを握りしめ我がメインバンクに向かって出かけたところ、まぁ、まず昼飯でも喰おっか...と、北浦和が誇る駅前西口の四国スタイルのうどん屋「つけ麺亭」にて「ぶっかけうどん(温)¥300」を堪能することにし、銀行への道をそれ、つけ麺亭のなじみのおばちゃんおねえさんに、いつもそんなに写真撮ってくれてありがとうねぇ、雑誌とか? いやいやそんな訳じゃないんですよ、美味いもん好きなもんしか撮らないんですよ、なんて感じの食うたびに毎回してる会話を楽しみ店を出て、ふあーうまかったぜ...ところでおれはここで何してるんだっけ... とか思いつつ、ふととなりにある建物に目を見やると、昨今の小ぎれいにブランドもんが溢れかえる風にリニューアルされた、一寸前まで古典的な感じだった「質屋」の軒先に、ヘンに異物感丸出しの不自然な感じで... よれよれになった段ボール箱が、それはまるでゴミ収集車を待っているかのようにあって、よくよくその中を見てみれば、中古三脚がよりどりみどりって感じで手ぐすねを引いていたのだった... 買ったけどね、ベルボンの多分、ビデオ用三脚で¥1500ナリ。もちろんアルミ製だが、我が相棒カメラをセットしたところ、目論見通り微動だにせず。
海を目指す口実が出来た気がして、たのしみです。

写真は本分と全く関係ないです。週末に行ったイケアでのカート。混んでて大変だったけど、軽食コーナーで食ったチーズが、これまでの人生で一番うまいチーズだと思われたので買って帰りました。スウェーデンの人間はこんなうまいチーズをこんな安い値段で買っているのかと... 世界がまた、狭くなったのを感じるね。
[PR]
by yohei_morita | 2006-09-12 01:44 | とる人。 *
2006年 08月 16日 *
no title#6

順番がアレだが、先日、nodoca と話してた時に二人で思いついた「flickr でだって meetup が可能なのでは?」説を実行しに、上野動物園に行ってきた。ま、結果オフ会みたいなもんだったが楽しかった。普段、コメントし合ってる、あったこと無い人に会えたからね。ご苦労様だったぜ nodoca よ。苦労は推して計るべし。その疲労感はよくわかる。あなたのおかげで友達が増えて楽しいです。

しかしながら自分もそうだったのでアレだが、参加者の使っているカメラが一眼レフばかりで驚いた。強引な例えでアレだが、自転車で言えばツールドフランスで使われているバリバリのレーシングマシン、とまでは言わないが、競輪自転車友の会 的な、ちょっとこれはどうなのよ、単なるマニアの集まりじゃんか...的だったのが少し残念といえば残念。参加者は一見すると個性的な集団だが、実はそうではない面ばかり目についたのが正直なところ。一同、飯を食えば一斉にカメラを向けることは普通だし、動物園という限られたスペースではあったのだが、皆が撮った写真が、似てた風に見えた。この点を少しだけ残念に思う。

写真がどーのとか言うのは2の次であって、どーでもいい事なのかもしれない。実際お喋りは超楽しくて喉嗄れたくらいだったし。しかしながら、これらはおれの超個人的な意見なので無視してもらっていっこうに構わないのだが、これは meetup 的ではなかったと、あえて言いたい。手に余るようなカメラを持ってしまった者同士が集う、同好会だったと指摘したい。それでも全然良いんだけどさ。

もっとコンパクトな"フツー"なカメラで、クソでかいカメラを持った人を追い回す人がいてほしかった思うし、今度からは、もっといろんなレベルで写真を楽しんでいる人達が集まることができればさらに良い風情だなーなどと... 愚者なりに思うわけです。クソ重いレンズをン本持って来たお前が言うな、とか言われればそうだけど。
[PR]
by yohei_morita | 2006-08-16 16:40 | とる人。 *
2006年 08月 04日 *
after a summer festival

なんだか昨日からアクセス数が1.5倍くらいな感じで、でも何があったのかよくわからんです。今日は髪の毛をどっさり切ってきて、まるでアメリカ兵に殺される寸前のベトコンみたくなってしまったおれの髪型なわけだが、なんかそんなんで俄然色々やる気が出てきた気がした。八月だってのにシケた天気ばっかだったので色々滅入ってたが、髪の毛を切って気分を変える、ってのは充分に有り得る話だと強く思った。今日はスコーンとよく晴れてたので気持ちよかったしね。

写真は、どこかのまつりのあとの広場にて。ああ、夏が行ってしまう、やばい、なんかせねば、どっか行かねば、そんなときにあれだ、スチャダラのサマージャムが聞こえてきたような気がした。そんな気分にさせてくれる風景だったように思う。夏ですね。
[PR]
by yohei_morita | 2006-08-04 23:50 | とる人。 *
2006年 08月 01日 *
overpass

今までは iPhoto 06 で写真の吸い込み・整理・調整・flickr へのアップロードまでをぜんぶ行っていた。それはそれで良かったのだが、それまでのデータは iPhotoで見ることにしておいて、これからのデータは全面的に Adobe Lightroom で吸い込むことにした。

なぜかと言うことを、さして意味もなく羅列するならば

・ホワイトバランスの調節が圧倒的に楽。つか、より色情報を救える、とでも言おうか。
 おれが撮ってきた写真は基本的に、WBが夢世界のようにまるで合ってない場合が多い。
 Lightroom でイジると、あーこんな情報が眠っていたのね、と感心することしきり。
・Lightroom は Beta3 になってマトモなソフトっぽく進化した(ような気がする)。
 Beta2を殆ど触ってないので何ともいえんのだが、特に以前と比べて、
 インターフェイス廻りに無駄が無くなった(ような気がする)。触った感じがとても自然。
・Beta 版だけに英語版だけど、画像の調整は簡単、すぐ慣れることができた。
 ある1枚に施した効果を、他の写真に適用するシステムが超秀逸で、らくちん。
・iPhoto と違って、水平出ししても、縦横比が変わらない点。
・iPhoto と違って、画像の彩度やカーブをいじっても、輝度が変わらない点。
・iPhoto と違って、実フォルダでファイルを管理できるのはありがたい。
・iPhoto と違って、起動-終了が早い。
・iPhoto と違って、なんかかっちょよい。これ重要。

4GB の CF カードを買ったので、RAW での撮影が現実的になったのがデカいかな... Lightroom は JPG も RAW ともに操作方法に差がない点も良いです。そもそも今風のカジュアルなデジカメオタクにむけたソリューションなのでいいにきまってますねー。誰かが flickr モジュールを作ってくれないかな... ま・これは時間の問題だと信じたい。

んでもって、いつも利用している Mac に接続されたメモリカードリーダに、写真を満載した CF を刺した際、自動的に iPhoto を起動しないようにするには...ハテ?と思ったら吉日、「デジカメ メモリ iPhoto 起動」と 4つの言葉で Google 検索したら一発で解った。さようなら iPhoto くん。

んで、発売されるとしたら、一体おいくらなんでしょーか。
[PR]
by yohei_morita | 2006-08-01 18:18 | とる人。 *
2006年 07月 24日 *
DiMAGE A1 を持って、異様に濃い光化学スモッグ状態みたいな、ヤバそうなケミカル臭の立ち込めるこのエリア(Google Maps)までチャリチャリこいできました。変な空気を思いっきり吸いすぎたおかげで、ビミョーに次の日とかに死ぬかもとか思ったけど、いまんとこ平気です。脳はやられているかもわからんが。

front of wasted oil factory

行き止まりな気分。



撮ったぞー!!!って気分。


tanks again

タンクな気分(アゲイン)。


industrial area of ukishima, kawasaki.

小さい写真は、半年くらい前だったか、一眼レフの α7D の 20mm/2.8 で撮った場所なんだけど、A1 でも、うまくやればそんなに見劣りしないような気がする... 

写真はさ、カメラを操作しつくす喜び、っつーのがあるよね。よく撮れたなーっていう自己満足を得ることが出来たときの高揚感。さんきゅーカメラ君、よく頑張ってくれたね... っていう感じ。Dimage A1 くん は、長時間シャッターで激写しまくっていると、オーバーヒートして熱ノイズがバリバリに発生したりする、まるで古くさいクルマのようなカメラなので喜びもひとしお。

A1くんのバージョンアップ版、"Konica Minolta Dimage A2" の、状態の良さげな中古、もしくは、新品デッドストックがあったら、私目に教えてくれませんでしょうか? このサイズのカメラ、チャリンコのお供に最高です。あまりにこのカメラの操作方法が身体に染みついちまったので、他の会社のカメラだとダメなんです、私の身体...

つか多摩川の河口のこのポイント(Gmaps Pedometer)は特にかなりやばい危険なケミカル臭のするガスが立ち込めていました。そして、河原に行くとよくいる、群れて飛んでるちっちゃい羽虫みたいなのが大発生していて、それが身体にまとわりつくのもヤダったが、それを食べに来ているのか大量のコウモリさんがバンバン身体に当たってきたときは、さすがのおれも彼らに喰われて死ぬのかと相当な戦慄を覚えました。自転車をこいでいて、実はいままでで一番恐かった瞬間だったかも。多摩川はキレイになったとかほざくロハスな人々は、河口までこいでいってみるべきです。

(※追記)でも、羽虫・コウモリが大発生してるっつーことは、あの臭いは有毒なわけでは無さそうですね。野良猫も沢山いたし、以前そこをこいだときにあったいかにもヤバそうな巨大な工場が無くなって、巨大な空き地になっていたので、そういう環境の中を走れるのも今のうちかもしれません...
[PR]
by yohei_morita | 2006-07-24 18:06 | とる人。 *