Top
河鹿園のこと
2006年 05月 31日 *
table view

誕生日っつってもそれほど特別な事はないんですが、先だっての日曜日に青梅市の御岳(みたけ)にある会席料理屋さんで、料理をおごってもらった。いつかここで書きたいナーと思ってた店なのだが、なんせ多分、まえにここを訪れたのはこのブログを始める前のことで。

山里会席旅館 河鹿園

ずいぶんとイタい感じのウェブサイトではあるが、実際の印象はまったく違う。

決して無用に豪華ではない、むしろ地元産の素材を使った素朴過ぎる位の味・建物の佇まい・仲居さんのサービス・窓からの眺望...それらのクォリティからは想像できないお値打ちプライス、そして重要なことだが忘れられがちな、それらの「押しつけがましくなさ」が素晴らしいです。

おれは専門家ではないし、普段このような場所で食事をすることはごく稀であるので、おれ如きがここでの体験はすべてにおいてパーフェクトだ、と断言したところで、なんの説得力を持たないのは当たり前田のクラッカー、再度訪れることを決めて、期待が過剰に膨れてたにも関わらず、今回の体験もとにかく素晴らしいの一言に尽きた。おいちい。

以前訪れたとき、食事後に偶然、ここのご主人とゆっくり話す機会があって「旅館もやってる会席料理屋...って中途半端ですかね? 雑誌とかに載せることはしたくないんですよ、紹介してくれる気持ちはとてもありがたいけれど、それをかく人のことを100%信用できるわけではないですから。あなた位の年齢の人にこそ来ていただきたい気持ちは山々なのですが、懐石じゃなくて会席なんですよ、人と会うときに来て欲しいんです。どうしたらうまくあなたのような世代の人に対してそれが伝わりますかね... 私達はここでがんばっていくしかないのですが...ま、来月にでも閉めちゃうかもしれませんよ、街から遠いのでお客さんが来ないので」

幸せなことにもう一度それを体験することができたわけなのだが、あのときから現在までに、雑誌なんかに載せるようになっているかどうかは知らん。そもそもそんなもん読まんし関係ない。個室だったので繁盛してんのかしてないんかもよくわからん。残念ながら今回は、ご主人に会うことは出来なかったが、おれ的には特別な店です。ちょっとスペシャルな時の選択肢に是非。
[PR]
by yohei_morita | 2006-05-31 12:11 | くう人。 *