Top
とある料理のプロジェクト:到着
2006年 05月 27日 *


let the monkey business begin

Originally uploaded by fast boy.


50時間くらい前におれが送った荷物(こぐ人。 : とある料理のプロジェクト)が NYC のエズラの所に着いた、と彼の写真をさっき見て知った。日本郵政公社やりおるな... 予想よりも早いし送料は安く済んだし問題は無さそう。彼の喜び方、それと写真のリンク先に書かれた、彼の"誓い"の文章にある種の軽いドン引き 決意が感じられてうれしいです。

どんな自転車になって帰ってくるか...想像もつきません...が、超楽しみです。
Nazこぐ人。 : 変態同士はすぐに友達になれていいですね。)が言ってたことで、おれも全面的にそう思ったことがある。当たり前の話で恐縮だが、重要なのはお仕着せのブランドではなく、ストーリーだ。

自転車のパーツ選びは楽しい。
しかしそう言えば、なんだかんだいってそれが苦手だった。富士見パノラマに10回以上/シーズン行っていたときは、月刊誌やカタログ本を読み漁り、ネットで情報を探しまくり、全くの他人のプロ自転車乗りが書いた製品レビューを読んで一喜一憂してきた。いつまで経っても満足しないで、他人から見てこのパーツの組み合わせはイケてないんじゃないか、このパーツのせいで効率が悪いんじゃないか、不安でしかたがなかった。
ま・ある意味それは今でも同じだけどね...

まぁそのストーリーが無事に完結できるのを信じることとします。
[PR]
by yohei_morita | 2006-05-27 01:28 | 思う人。 *