Top
交通博物館
2006年 04月 23日 *
nice musium, but they closes.

otarako さんと nodoca と一緒に、5月に終っちまうという交通博物館に行ってきた。こういうのはいつものことだけど、なぜ数少ない貴重な"歴史遺産"をいとも簡単に(そのように見える)閉めちまうのか、理解に苦しむ。

ま、裏側には色々な事情があるのだろう。ただ、おれ的に納得できるような閉館にいたる理由の片鱗みたいなものは、このネット社会に於いてですらまーったく見えてこない。もしそんな一説をかいま見る事ができるところがあったら、是非教えて欲しいのですが。

おんぼろ風なエントランスを一見すれば、ちっさくて、でも実は展示物のボリュームはすごい、おしゃれでもなんでもない、富を生み出すわけでもなんでもない、むしろ後ろ向きな雰囲気がびしびし漂う「交通博物館」ってものが、都心のこの場所にあるって事こそが、東京って街は素敵だなーって思えてた理由の一つだった、と思うわけです。

he is god.

写真の彼は、このレイアウト上での神です。文字通りの神業を見たぜ。

小さい頃に、何度も来たことがあるはずなんだけど、あんまし覚えていなかった。
ただ、ぐわー懐かしい、おしっこもれそうだぜ... と思える瞬間も何度かあった。
人混みに疲れたので、平日に再トライしてこようと思った。

まぁ今更おれがどうこう言っても、って感じで。寂しいこってす。
「いつかまたいけるし。まぁ今は」って思える施設が、消えていっちまって、寂しいっつーか、やりきれないっつーか、そんな思いをするのは、これからこの先も何回もあるんでしょうな。
[PR]
by yohei_morita | 2006-04-23 02:42 | いく人。 *