Top
Hugo くん from Stockholm
2006年 03月 24日 *
he got used, but measurement.

Sweden 人には、過去におれが、彼らの税金で賄われたと思われるシャワーを借りたりジャグジーにつかったりした、文字通りの借りがあった...っつーこともあり、Stockholm から自分探し(?)に、先週日本にやってきた Hugo くんをつれて我孫子に行ってきた。

彼とは1年くらい前からの flickr 繋がりがあって、実際話してみると若いのに渋めなチャリおたくで、今回の東京滞在は2ヶ月間と言うし、んじゃあどーせ欲しいなら早いうちに手に入れて東京を走りまくったほうがいいよって彼も激しく同意し、速効でリアル競輪バイクをゲット(マキノサイクル製の中古)。んで、隣の双輪塾で中山さんに事情を話し、組立をお願いすることに成功。

そのあまりの対応の良さと、値段の安さに感動する hugo くんでした。我孫子まで来て、よかったねー。新宿の某有名マニア向け自転車店では退屈そうだったのとは大違いの笑顔でした。

冬の Stockholm は雪がつもるので自転車に乗れないし、そもそもいい自転車屋がないので...つって、彼は日本で仕事を探してます(それだけじゃないと思うけど)。滞在2ヶ月間でどーにかなるんかいな? もしなんかあったら誰か声かけてあげてください。コメントくれれば彼の連絡先教えます。めちゃめちゃいい奴です、ちょっと心配な位。


His place in Tokyo.

彼に、彼が滞在している"外人ハウス"を見せてもらった。おれも話には聞いたことがあったが、行くのは初めてですげー興味深い(7万円/月バス・トイレ共同)個人のスペースは結構広くて(つか多分8畳)、2段ベットとかズラッとあるのかと想像してたら全然そんなことなかった。便利な場所だし、建物はすげー古いけどいい雰囲気。とか彼に話したら、彼の住む家は100年以上前の建物だそうだ。お国では、50年経たないと古い建物とは言わない、らしい... マジかいな。
[PR]
by yohei_morita | 2006-03-24 01:26 | 思う人。 *