Top
time goes by
2005年 08月 08日 *
grave of my grand dad & mom.

さいたまの我が家では、時期的にいわゆるお盆は終わっちまったんだけど
父方のばあさんの、七回忌の法事って奴がありました。

そういえば(父方の)ばぁさんが死んだのはこんな暑かった日だったな
寺もずいぶん儲かってやがんな、門や仏像を沢山新調しやがって...見るたびに坊主が派手に...
寺(墓も一緒の所)は近所なんですが、ずいぶん変わったなぁ、なんて。

七回忌も終わって一段落、あとは我々が入るだけだなぁ、なんてうちの両親は言いますが
そういわれてみればそうなわけですよ。
この時とばかりオレと弟は、色々説明されました、お墓/お寺のシステムがどーなっているか。
覚えたか? ってーと自信はありませんが... 明日もし両親が死ねば色々やらねばならんのでしょう。

そういえば母親の姉(おれの叔母さん/70歳少しオーバー)も、
婆さん(彼女の母親)が死んで1年経ったときに言ってましたな

「母親が死んだショックなどない、自分がトップに立ってしまったという事実だけがショックだ」

そんなことを言う、おれが幼少の頃よりセキネのシュウマイを買ってきてくれていた彼女が
ここ数年のお土産が、セキネ → 高級デパ地下グルメ(普通買わんだろって奴)に変遷していった理由、に気付いてしまったような気がして、オレにはショックだったわけですが。

墓参りだけが... って事はないけど、
線香とお花の混ざった匂いっつーのは、どうも時の流れを感じさせますね。

喰いてぇなぁ、セキネのシュウマイ...
[PR]
by yohei_morita | 2005-08-08 00:20 | 思う人。 *