Top
モノに思い出、思い入れ
2005年 06月 21日 *
Japanese tea caddy.

エマが「開化堂の茶筒」に触れてたので、フト思い出す。

写真は、おれら若かりし頃に、京都へ弾丸旅行に行ったとき、あの場であの時、背伸びして(高くて短い奴しか買えなかった)1筒だけ買って帰ってきた、銅製の「茶筒」です。

なんかこう、家にもって帰ってきて、封を開けたてでピカピカとした(新しい10円玉のように光っていた)この銅製の茶筒には、「お前になど、私の価値はわかるまい」と言われているような気がしてならなかった。

おれごときじゃ触れる機会も少なくて。
言い訳じゃないが、畏れ多いんですな、なんとなく。
それに、お茶よりコーヒーだったしさ。

そんなこんなしてるうちに、お袋にクレンザーで磨かれちゃったりして
お店の人に、銅製茶筒は手で撫でつけてあげるとイイ色に育つ、と教わったのに。
(特に水分厳禁ームラになっちゃう)それはそれでいい感じではあるんですが。

エマの言うように
(あの時は)「私自身に茶筒を使う文化が無かったので」
という事だったのかもしれません。
まったく俺も、背伸びし過ぎだったねぇ。

でね、エマのエントリを読んでさ、気付いた。おれも、おれの茶筒が欲しい。
できれば俺専用/緑茶用とコーヒー豆用、死ぬまで使える奴を。
コーヒー入れるのはまぁイけるんだけど、
ほら、さいきん緑茶のほうも特訓中だしさ...

あれから何年経ったか忘れましたが、また行かねばね...
[PR]
by yohei_morita | 2005-06-21 03:38 | 思う人。 *