Top
昨今の自転車ブランド、たいがいサイトから眺めるわけで。
2005年 04月 19日 *
んなわけで、かるーい話題を。
ダウンヒルブーム以降も、各社のサイトから目を離せんです。

・スペシャライズド
a0032361_2075915.jpgSpecialized Bicycle の Tech Lab - The Brain とか Tech Lab - FSR。 最近の自転車テクノロジーは、いかにスゴいか、フラッシュアニメを使ってわかりやすく。プライドもってバイク作ってます!感や、サイト作るのに目を見張る予算が(多分)使われて、表現されています。少しは見習え!あらゆる業種の日本メーカーは!


・エルスワース(2005年度は輸入代理店がないんだっけ? あったっけ?)
a0032361_2091849.jpgEllsworth Bikesただただ、写真が美しい...
もちろんバイク自体にぷんぷん漂う一生モン感も、素晴らしいんですが。
値段もスゴいが、いつかはエルス、と思わせてくれる...サスペンションに関するインチキ臭い講釈もまた、アホなオタク・貴族・成り上がり向けっぽくて、おれもダマされた感じがするんですが、そんなのもまんざらでもなく、むしろマジで所有したいと思わせるブランドです。


・セブンサイクルズ
a0032361_20174548.jpgSeven Cycles の Mountain Bike のラインナップ。日本で言うところの、ブリジストンアンカーのストイックな感じを、金持ち向けに高級にした感じ...このブランドはチタン製品が売りで、その細かい作り込みと、フルオーダーが特色の、高級ブランドのくせにストイックな走り屋層向けの位置づけなので、ラインナップにならぶ写真達からは、パッと見どのような違いがあるかわかりにくい。んで持ってきたのがグラフ。古典的だけど、対象となるコアなユーザ層には効果的なかんじ。


・ゲーリーフィッシャー
a0032361_20283794.jpgGary Fisher - The first and last name in mountain bikes.は、ブランド名にもなった、創業者を大々的にフューチャー、この路線、5年位前からかな? ひっじょーにふざけててイイ感じです。ブランド自体が巨大ブランド Trek社の中だそうですが、フィッシャーバイク、売れているんだか無いんだかよくわかりません。あまり、どこに於いても走っているのを見たことがない。が、ゲーリーフィッシャーさん彼自体がTrek社の株主だったりしそうですもんね。だとしたら天才だな、うらやましい。
いつかは、というか、フィッシャーさんブランドで、シングルスピードクロモリ(Lemond:Filmore)がでねぇかなぁ、そしたら速攻買うんだけどなぁ、と思っているんだけど、彼はMTB創造者のうちの一人だから無理があるか。


・サーリー
a0032361_20492945.jpgSURLY:SURLYVILLE ですが、あきらかにイケてない中年ハゲモデルを自社製品にまたがらせて、あり得ない感じの勢いを感じるサーリーのサイトですが、つくづく会社経営なんて誰かに資金出してもらって"たまたま自転車好きだからやってみる遊び位なモン"なんだなぁと感じます。オレもやりたいです。
実際のバイクはとにかく非レース系で、"安くて質実剛健"、というか"剛健"がかなり勝っているような気がしますが、LAの海沿いのオサレ系タウンで沢山見ました、日本だとどうなんでしょうか?関係ないか。Flickrでも、おれサーリー買ったぜ!クールだろ!ってな具合でちょくちょくみかけますネ... 

ようは、あたらしい自転車がほしーわけで...
[PR]