Top
散歩しててあったひと
2005年 01月 20日 *
上野で打ち合わせがあった後、何を思ったか徒歩で、
変わらないアメ横を散策、めまぐるしく変貌しつつある秋葉原をぐるぐる2周-
非オシャレ系革製品専門服飾店ニチワを冷やかし-
あくまで「神田」という住所ではなく「外神田」にある(知らんかった)
リニューアルオープン後、行ってなかった神田明神を初詣でして-
そのまま自然に歩みはお茶の水方面へ。
聖橋手前で、左側に湯島聖堂なんて文字をはっけん。

そういえばこの森、何なんだろうとは思っていたが...
ラッキーなことに開門時間中な事をこれさいわい、
門をくぐれば、うっそうとした森と思っていたそこは、
木々がデカくなりすぎていただけの、実は単に古すぎる庭園で。
うーん、中国ってこうなの? なんて感じで異国情緒を微妙に楽しみ
フェトンチッド?マイナスイオン?あふれる園内は、静かな落ち着いた雰囲気なんだけど
かすかにBGMとしてJR御茶ノ水駅の発車ベル音楽。
メインはカッチョイイ中国風建築の「廟」...といった風情。

都心も都心、まぁ下町だけど...何故こんなシブい建築物がこんなところに...
と、驚きと感心でふらついていたら、とつぜん彼はそこにいました。


孔子君です。
デカいです。推定身長400cm。
[PR]