Top
「はちじゅうどかふぇあんどきっちん」と読ませるんだと
2005年 01月 07日 *
a0032361_15151594.jpg鎌倉あたりの国道134号線を走っていると、意匠を凝らしたレストランが目に付くんだけど、そのなかでも電飾看板の形状・小ささ・明るさが滅茶苦茶カッコいい、一見カフェ&ダイナーのような建物があって、明かりに群がる蛾のようにふらふらっと吸い寄せられていけば、お店の玄関にて実際に告知されてはいるんですが、実はMOS BURGERがやっている"80℃ CAFE&KITCHEN"っていうお店の話なんだけど。

店内は天井も高く座席もゆったり目で広々としてすっきりした印象。ちょっと寒々しいくらい。暖かな色遣いなんだけど店の向かいが道路を挟んで海だったので、暗いからかな。

メニューは"ロコモコ"とかの類のご飯モノ、"変わりピザ数種"、"あまりモスと代わり映えしないが100円づつ高いハンバーガー数種" 、"モスチキンを刻んで乗せてみた、ちょっとごっついサラダ" みたいなメニュー構成。

"モスバーガー"や"ライスバーガー"はないけど"プレミアムコーヒー"と称する、"普通の"モスコーヒーと、数種のビール&おつまみみたいなものが置いてありました。

直径/通常モス比1.15倍といった感じの"80℃ CAFE バーガー"ってのが、大胆に"米ナス"を使っていたりして普通にウマかったです。バーガー類には、ざく切りポテト7本位と、舶来モノの酸っぱいピクルスではなくて、日本人の味覚に合わせた"浅漬け"みたいな野菜片の小鉢が付属しています。サラダも通常モスの3倍はレタスが入ってました。基本的にモス食材の使い回しな気がします。

総じて"イイ感じの現代版モス"という感じでした。KUA`AINAがキツい時ってあるからね。
すべてが優しい...味もおなかにも財布にも...モスの良さを再構築したってところでしょうか。

追記:中目黒とかにもあるんだとさ...雰囲気が違ったりするんでしょうか?
[PR]