Top
忍び寄る警察国家の影: 白川勝彦Webより
2004年 12月 15日 *
a0032361_12375294.gif久しぶりに読み物ネタ。

SueMe SuBlog KU。経由、
白川勝彦Web 政治理念: 忍び寄る警察国家の影が半端なくおもしろい。

私は、なぜ私のポケットの中を見せなければならないのか、何度も何度も聴きました。彼らの答えは、「怪しいものがないのなら見せてください。見せられないのは、怪しいものをもっているからじゃないですか」というのです。「なんで私の体に触るんだ」と聴くと、触るのは許されているというのです。いくら見せなさいと言われても、見せるつもりは私にはもうまったくありません。身体検査的に私の体に強く触ることは、職務質問として許されないことなので、これも絶対に許すつもりはありませんでした。


ね、おもしろそうでしょ。

10年くらい前かな...とあるスーパーに押し入り、店員を脅しうどん玉4つ強奪した疑いで犯人が逃走に使ったのと同じ、白くて小さい車に乗っていたというだけで、わたくしも不当に連行され5時間の尋問を受けた経験を持つおれは警察と名の付くモノに対して激しい嫌悪感があります。

もちろん無罪で(尋問の最後くらいに目撃者がミラー越しにオレのことを見たらしい)あとでうちに署長が菓子折持って土下座しにきたが、父親がコレだって税金だろ、突っぱねてくれたけど。ってか、後半カンケー無くてすんません...
[PR]