Top
カバ
2004年 11月 20日 *
a0032361_15541796.jpg父の知人、フィジーにすんでるYさん(日本人)がうちに来ておみやげ?に「カバ」をすこし儀式チックに飲ませてくれたんですよ。その話し。

参考
一杯のカバが不安を和らげる【US HEALTH NEWS】(このサイトとはなんの関係もありません。念のため)

「カバ」とは、ある植物の根っこを臼・杵で細かく砕いたものを布地に包み、冷水のなかに布地ごといれてスプーンでしごいてでてきた汁を飲む、お湯を使わないお茶のようなもの。

現地では、人を招くと必ず出す日本茶のようなもので、企業なんかには"カバ係"なんつー人もいるらしい。何かにつけてちょっとした儀式的なものをやって「カバ」を飲むらしい。

結構雰囲気のある木製の器に、Yさんがじゃぶじゃぶ指をつっこんでゴシゴシしごくと泥水のように濁った、うーん。悪く言えば、木の皮の汁のようにになる。かるーく葛根湯のような龍角散のような臭いがする。

んでそのちょっとした儀式的なものってのは、”柏手ではない”拍手を2回、ぽんぽんとしてから一気に飲み干してください、飲み干したら、一礼して、3回拍手、「ビナカ」と言う。(ありがとうございますの意) 一回一連の動きをすれば、あとは飲みたきゃ勝手に大きな器から小さい杯のようなもの(木製)で、すくって飲んでいいみたい。

臭いの通り、水に溶かした葛根湯や龍角散のような味。んでね、この後がおもろい! 安らいじゃうんですよ...バリバリの鎮静作用ってのもヘンな話だが。

ちょうど、1/3のくらいのパワーのマリファナの逆っつーか、あれは、力が抜けてヘンにハイになるでしょ。「カバ」は、ヘンに力が抜けて、落ち着くのよね。

んでさ、他にも父の知り合いが2人いらっしゃったんだけど、皆で飲んで、よく話が出来るのね...なんつーかこう、落ち着いて話が弾むっつーか。妙な雰囲気を醸し出しちゃって、うちの親父なんて、ああ、これいいねぇなんって。

セット一式もらうことになったから、やりたかったらコメントください(笑)。ドイツじゃ違法になっちまったらしいけど(笑)やりすぎると常習性があるんだって。日本じゃマダ平気らしいです。面接の前とかスピーチの前とか、ヘンに緊張しちゃうときに良さそうですよこれ。
[PR]