Top
こぐ人、とる人、よりみちする人。
2004年 10月 12日 *
大江戸線一周を目論み、チャリンコこいできました。
計画では各駅で記念撮影し、かるーく1周できるちゃうだろうな、などとタカをくくっていたが
前日の雨で、スタート時間を遅らせた影響もあってか
上野御徒町スタート(右回り)→都庁前 で暗くなってしまって撮影を断念。
ほとんど1周したことはしたんだけど。
よりみちしすぎました...

a0032361_1131498.jpga0032361_11315989.jpga0032361_1132945.jpg

a0032361_11322841.jpga0032361_11324113.jpga0032361_11325479.jpg

a0032361_11332141.jpga0032361_11333665.jpga0032361_11334740.jpg

(写真は順不同)
曇天は写真が難しいねぇ。アルバムはまた後で...
門仲-勝どき間や、赤羽橋-麻布十番が特に楽しかった(撮った写真が多い)。
紙と木と瓦で出来た、ホントに古い町並みがいまでも残ってる。
河田町や牛込、そして最近にぎやかになりすぎた神楽坂あたりもイイんだけどね...逃してます。
暗くなったっつーのもあるが、ケツが痛くなったっつーのもある。

駅がない(大江戸線が開通した)→
開発から守られる(すごい勢いで開発が進む)=
だから、古い町と新しい町のコントラストがものすごい。

東京の町は、というか大江戸線沿線の町はというべきかな、
古きも新しきも、緻密にできています。
寄せ木細工でできたコンピュータの基盤のよう。
この新しい路線の全線開業は平成12年。
以降の開発には大手デベロッパによる、大規模なモノが多い。
晴海や六本木なんかはもちろん、高層建築条例が変わったのかな?
あっちこっちに、にょきにょき高層ビルが建ちまくってる。
かたや少し探せば50年100年へたすっと200年まえの人様の生活を感じる事もできる。
ココ10年でなくなっちまったモノも多い。けど、そんなの仕方が無くて
おれの大嫌いな均質化のシンボルパーツである
居酒屋やパチンコ屋やカラオケ屋や英語教室やサラ金屋やコンビニの看板が、
まだまだ少なくて本当に美しくて、旬だと思います大江戸線。
また企画しましょう!
[PR]